Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

川村元気が語る『君の名は。』のハリウッドリメイク、監督デビュー – The Hollywood Reporter

プロデューサー、脚本家、ベストセラー作家、そして受賞歴のある監督である川村アラン元気は、2016 年の映画「新海誠」での仕事で最もよく知られています。 あなたの名前. 東宝でのキャリアの早い段階で、彼の才能は早くから見出され、日本最大のスタジオで主要なプロジェクトのプロデューサーとして信頼されていました。

2010 年に、彼はに取り組んだ 告白、外国語アカデミー賞の最終選考に残った興行収入、そして絶賛されたイ・サンイル。 悪党. 同年、唯一の日本代表。 ハリウッド・リポーター次世代 アジア 地域の今後の才能のリスト。 彼は最初の小説を書いた 世界から猫が消えたら 2012年。 日本で100万部以上を売り上げ、中国、台湾、韓国で大ヒットし、4年後に東宝によって映画化された、重要かつ商業的な成功でした.

映画と本が登場し続けるにつれて、彼は実写とアニメの両方の脚本に手を広げました. プロデューサーとしての川村の役割 あなたの名前、 記録破りのキャリアで 3 億 5000 万ドル以上の収益を上げ、国内外で注目を集めました。 複製の権利はJJエイブラムスのバッドロボットプロダクションによって購入され、川村が共同プロデューサーとして参加しました。

川村は自身の制作会社STORY Inc.を設立。 2017年に東宝が出資し、一目惚れした古澤義浩と。 今年、川村は2019年の彼自身のバージョンを撮影しました 百花 (ひゃか)、サンセバスチャンで最優秀監督賞を受賞。 映画は東京で上映中 インターナショナル 初代監督が2回のトークを行う映画祭。 優しいナレーターが座っています ハリウッド・リポーター フェス目前のSTORYでは、演出やポン・ジュノへの憧れなど、 あなたの名前 リメイクとSNSから抜け出すメリット。

監督就任おめでとうございます。 最終的にメンターになることは常にあなたの計画でしたか?

もともと監督を目指していたわけではありません。 小説も同じで、書き始めた時は小説家になりたくなかった。 私の主な興味はストーリーテリングです: 実写が最善の方法である場合は実写映画を作成し、アニメ、次にアニメ、小説が最善の方法である場合は小説を書きます。 制作を通じて自分自身をよりよく表現できるようになったとき、それが進むべき道です。 『百花繚乱』では、自分のビジョンを実現する最善の方法は演出だと思ったので、それをチャネリングしました。 私が最も興味を持っているのは、ストーリーを伝える最も魅力的な方法です。

いつか導いてくれるとずっと思っていた

本当? 行くのがとても難しかったです。 ストーリーテリングが好きなので、脚本を書いたり、編集したり、小説を書いたりしています。 しかし、実際に撮影するのは大変な作業です。 天気が良ければ、役者が求めていたパフォーマンスを発揮できず、最悪のスタッフに怒られることもあります。 才能ある監督、アニメの新海や細田、中島哲也とのコミュニケーション能力はもちろん、 [Confessions]そして友人のボン・ジョンホは、自分を表現する方法を発見させてくれました。 結局、ストレスで目を縫ってしまいました。 画面が正しく見えませんでした。 やめるサインのようでした。 完璧主義者の私は、1 ミリ単位までのすべてのショットと、カメラが何秒かかるかに関心がありました。 そして、小説や台本で想像していたものと少しずれてしまうと我慢できず、出てきませんでした。 アニメでは、ほとんどのことをコントロールできます。それが、彼らがアピールした理由の 1 つです。 しかし、実写映画を撮影しているときに、物事を面白くするのはそれらの気晴らしであることを発見しました. 原田美紅さんと曽田将暉さん、想像と違う役者さんたち [Hyakka’s two leads] 彼らは独自の論理と想像力を持ち、それに応じて動きます。 または、晴れているのに雨が降り始めたシーンを想像すると、ストーリーが面白くなります。 このようなことは、私に将来の映画制作のアイデアを与えてくれました。

あなたは撮影セットや映画制作の経験が豊富だったので、それがどれほど難しいかを知っていましたが、とにかくやろうと決心しました。 出力の処理方法について教えてください。

他の日本映画と同じような映画を作ったり、プロデューサーとして自分が作ったものを作っても意味がないと思っていました。 例えば、ヒロインは黄色一色、息子は青や紫などの補色を身につけるなど、日本映画ではあまり見られない色使いになっています。 これは、彼らを母と息子のユニットとして描いています。 いつ 二重基準、 簡単に言えば、カンヌで上映され、一部の審査員や批評家は、日本の俳優を区別できないと言いました。 外の人は日本人の顔を見分けられないことに気づいたとき、ああ、今度は色を使って俳優を識別しようと思いました。 また、コンボが前後にジャンプするときに時間内の場所をマークするのに役立つ色を使用しました.

水口健二の影響でワンシーン、ワンカットで撮りました。 勇実物語、私は深く感心しています。 ひとの傷で人が変わる様子は恐ろしく、アルツハイマー病を描くのに効果的な方法だと思いました。 夢と現実の境界をぼかすことは、溝口がこの映画でうまくやろうとしたことです. 1話のスーパーマーケットのシーンは、アニメで使われたテクニックを使っています。 ということで、溝口からですが、アニメで学んだことも(笑)。 アニメーションを作り、プロデュースし、小説を書いている監督はおそらく私だけです。 この映画を作るにあたって、自分のアイデンティティを表現し、すべてのオリジナリティを発揮できると感じました。

そもそもなぜアルツハイマー病の話題を選んだのですか?

私の祖母はアルツハイマーで、久しぶりに会いに行ったら「あなたは誰?」と聞かれました。 それは幼い子供があなたに尋ねるかもしれない質問ですが、大人からの質問ではありません. 私は悲しんでいると同時に、彼女の頭の中で何が起こっているのかにも魅了されました. 私は毎週彼女を訪ね、過去の思い出について話すことから始めました。 初めて海に釣りに連れて行ってもらったとき、大きな魚が釣れたときのことを話してくれましたが、それは海ではなく湖だったと言っていました。 老後かと思いきや、家に帰って写真集を見たら湖に沈んでいました。 祖母のアルツハイマー病とともに、自分の記憶が間違っていることに気づきました。 これは説得力のある現象です。 最後に、祖母は彼女にとって重要な多くのエピソードを思い出しました。それらは百の花のように咲きました。 それが小説にこの名前が付けられた理由です。 人間は肉体ではなく、記憶で構成されています。

東宝から独立してSTORYを結成してから5年経ちますが、その流れは正しかったですか?

ええと、東宝とは深い関係があります。 東京には漫画家の手塚治虫、石ノ森章太郎、赤塚不二夫が住んでいた常盤アパートという場所がありました。 そんな映画の世界に、新海誠のような才能あるクリエイターが来て、物語のアイデアが生まれるような空間を作りたいと思いました。 従業員数はわずか 12 名の小規模なオフィスであり、この数を増やす予定はありません。 そして、ハリウッドを訪れたとき あなたの名前 リメイク、私はたくさんのクールな小さな机を見て、似たようなものを作ろうとするように促されました. 私たちはします ネットフリックス シリーズ [The Makanai: Cooking for the Maiko House] クリエイターのスモールオフィスでもある是枝裕和のボンボクと。 その自由があることは素晴らしいことであり、流通チャネルも増えています。

これはあなたの最初のライブ シリーズですよね?

はい、私と Coreda がドラマ シリーズを作成し、一流のキャストが出演することは、9 本の映画を続けて作るようなもので、大変な作業です。 10年に1度はやってみたいものですね(笑)。 アイデアは、京都と日本料理をテーマにした漫画に触発された、ここの若い女性プロデューサーから生まれました. 京都は観光客が少なくて空いていた [Japan was still largely closed to visitors]だったので、とても撮りやすかったです。 CGを使って人を全部消してしまうなんて、信じられませんでした。

進展はありますか あなたの名前 リメイク?

うーん…そろそろBad Robotから重大発表があると思います。 物事は前進しています。 米国でインディペンデントの実写映画を作ることは、今では簡単ではありません。 ジョーダン・ピールの次の登場には良い環境ではないようです. かしら 取り出す あなたは今得るでしょう。

一方、隣にはどこか気さくでメンターのポン・ジュノ。 彼はいつも驚かせる能力を持っています。 彼は真の犯罪映画を作り、次に彼が何をしようとしているのかと思うと、それは怪獣映画であり、次に電車です. [Snowpiercer] だったら豚になれ [Okja]、その後半地下 [Parasite]. 毎回驚きです。 彼にはこのようなアイデアの感覚と物語を語る能力があります。 彼は私より10歳年上ですが、間違いなく目指すべきレベルです。 サンセバスチャンで監督賞を受賞した時、ポン・ジュノの最初のお祝いメッセージでした。 小さな一歩だけ、小さな一歩を踏み出した気がしました(笑)。

5年ほど前のインタビューで、あなたはソーシャルメディアをすべてやめるつもりだと読みましたが、それは続けていますか?

私はそれらのどれにも興味がありません。 ソーシャル メディアに投稿すると、ストーリーテラーとしてのクリエイティブなアイデアが枯渇するように感じます。 小説も映画も暗記します(笑)。 そして、何を情報として捉えるかが重要です。 したがって、何千万人ものユーザーがいるプラットフォームから情報を取得することは理想的ではありません. 街を歩き回り、本物の新聞を買い、本屋に行って本物の本を買う。 実用的だけど映画館に映画を見に行くのは、今では珍しい娯楽のように感じます。 ソーシャル メディアの何千ものいいねからではなく、そこからアイデアやインスピレーションを得られると信じています。

READ  Netflixの最初のドキュメンタリータレントファンドが10本の短編映画をリリース