Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

巨大な海の怪物を映した日本の都市のプロモーションビデオが3億5000万回以上視聴されました



このスクリーンショットは、関文海峡に出現する巨大な怪獣海鮮丼を示す観光プロモーションビデオからのものです。 (YouTubeチャンネル北九州市カンコジョホグルリッチ提供)

福岡-日本南西部の北九州市と山口県下関市の間の関門海峡で最も視聴された観光ビデオは、この種の最も視聴されたビデオであり、3億5000万回以上の視聴が蓄積されている可能性があります。

2017年3月に、地元の膨らんだ名物、ひきがに、たこをベースにした「怪獣」海鮮丼をフィーチャーしたユニークな動画「COME ON!かんもん!怪獣怪獣」がYouTubeにアップロードされました。突然登場した獣。関門海峡では、北急州の門司武と下関の唐戸市場の観光客でにぎわう門司子レトロ地区をパニックに陥れます。

海鮮丼はうなり声を上げて逃げようとする人々に近づきます。残りはhttps://www.youtube.com/watch?v=x0qYA53uSVAで見ることができます。 「流れは速い。すべてがすごい。さあ!かんもん!」というメッセージ。 彼は2分37秒のビデオの最後に登場します。



2021年9月9日、北九州市役所で日谷健二が見られる(毎日・浅野翔太郎)

ビデオの成功にもかかわらず、ある市の幹部は当初、このアイデアに混乱していました。 「北九州はほとんど出てこない。これは本当に(地域)を強めるのか?」 彼らは言った。 しかし、ビデオを共同制作した54歳の市職員、ハビタニケンジ氏は、「それが私たちが目指していたものだ」と述べた。

制作当時、日本の地方自治体は外国人観光客の誘致に熱心でした。 関門海峡は京都や北海道ほど外国人にはあまり知られていないので、そもそもそれを覚えてもらうことが重要だったと羽谷氏はビデオ制作計画について語った。

ビデオの会話は国内観光を容易にするために英語で書かれており、日本語、中国語、韓国語、タイ語の字幕版も同時にリリースされました。 大成功で、海外からの意見も多かったです。

ハビタニは、書記長を務めた北九州フィルムコミッションでの経験をビデオ業界に活かすことができました。 この地域で行われた多くの大規模な映画製作のおかげで、地元のエキストラはうまく機能しました。 樋谷氏は「映画で有名な北九州市はさすがに 『期待通り』と言わせるほどのクオリティだと思う」と誇らしげに説明した。

しかし、ビデオが注目を集め、関係者がビデオから良いことが起こっていると感じた後、コロナウイルスのパンデミックが発生しました。 しかし、これはハビタニの情熱を止めるものではありません。 「ある日、私は北九州市の上空を飛ぶ京城のビデオを作りたい、」Hibitaniは流行の終わりを楽しみにして、言いました。

(九州ニュース課浅野翔太郎による日本語原作)

READ  NIKI Chyau Fwu(Parkview)Groupは、長崎IRのパートナーとして国内企業10社を任命しました。