Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

帰り道:警察とのやり取り中に障害者の男性が死亡したことに焦点を当てたドキュメンタリー

帰り道:警察とのやり取り中に障害者の男性が死亡したことに焦点を当てたドキュメンタリー

日本の警察が 2007 年のある夜、男性を拘束し、保護拘留したとき、現場の警察官は、彼が知的障害を持っていること、また彼を強制的に拘束するという彼らの決定が若い男性の死に寄与することを知りませんでした.

約 20 年後、自閉症で警察の拘留中に悲劇的な死を遂げた安永健太の事件は、その運命の夜に何が起こったのかを探求する新しい日本のドキュメンタリー「帰り道」の主題となっています。 また、そのような悲劇が再び起こらないようにするために、彼の家族が起こったことの真相を突き止めるために起こしたその後の刑事および民事訴訟も記録しています。

2007 年 9 月 25 日の午後 6 時頃、25 歳の男性は佐賀県で定期的に参加していたワークショップから自転車で帰宅していました。 .

誤報と情報過多の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、ストーリーを正しく理解するのに役立ちます.

今すぐ申し込む

READ  「イスラム世界の救世主としての日本」:サウジKFCRISがイスラームと日本の関係の発展について語る