Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

平壌での日朝首脳会談で拉致が認められてから21年。

平壌での日朝首脳会談で拉致が認められてから21年。

北朝鮮が画期的な首脳会談で日本人拉致を初めて認めてから21年が経過した。 拉致被害者の家族は、愛する人たちとの再会がなかなか進まないことに焦りを募らせている。

2002年9月17日、当時の日本の首相小泉純一郎と北朝鮮の故金正日総書記は平壌で両国初の首脳会談を行った。

北朝鮮が首脳会談で拉致を認めたことで、日本人5人が帰国した。 彼らは1970年代と1980年代に北朝鮮工作員によって拉致されたと日本政府が発表している17人の中に含まれている。

公式には認められていないものの、北朝鮮に連行された疑いのある人も大勢いる。

過去21年間で、公認された誘拐犯の親8人が死亡し、まだ生きているのは2人だけだ。 誘拐された横田めぐみさんの母親は87歳、有本恵子さんの父親は95歳。

めぐみさんの弟、横田卓也さんは現在、拉致被害者の家族でつくる団体の代表を務めている。 彼は記者団に対し、両親の高齢化が厳しい現実であると感じたと語った。 彼女は、母親と有本の父親が子供たちと再会できることを願っていると語った。

横田氏は、日本の首相が北朝鮮の指導者金正恩氏と直接会談するまでは大きな進展は期待できないと付け加えた。 同氏は早期の首脳会談と、北朝鮮に拉致被害者全員の送還を強制する日本政府の努力を求めた。

家族グループは今年、行動計画の中で、日本が拉致被害者の残された両親が生きている間に全員の本国送還を認めるのであれば、北朝鮮への人道支援の提供には反対しないと述べた。

同団体が条件付きでも北朝鮮支援の可能性を示唆したのは26年前の発足以来初めて。

岸田文雄首相は、首脳会談の実現に向け、自らの直属の下で北朝鮮との高官級協議を開催したいとの意向を示した。

READ  1992年までに中国は日露地域で中立国になる可能性がある