Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

平野歩夢とロッキー富田がフィギュアスケートワールドカップで金メダルを獲得

北京オリンピックが始まる1か月も経たないうちに、日本のスノーボーダーの平野歩夢と富田瑠樹が土曜日のフィギュアスケートワールドカップ大会で優勝しました。

2人のオリンピック選手の銀メダリストである平野は2017年12月以来のワールドカップ優勝を宣言し、20歳の富田は女子ツアーで初めて優勝しました。

日本のフロンティアは男子トーナメントの上位6位のうち4位を獲得し、平野は95.80を獲得して、同胞の平野六花を表彰台のトップに打ち負かしました。 ドイツのAndrejHoflichが3位、日本のKaisho Hiranoが4位、EkkoAnnaiが6位でした。

富田は89.4ポイントで勝利を収め、2位は中国のカイズイトン、3位は姉のシーナ、4位は同胞の小野美月でした。

日本はまた、女子ウォータースポーツレースで表彰台を獲得しました。17歳のココモモラシは、アメリカ人のジェイミーアンダーソンと次点のニュージーランドのゾーイサドスキーシンノットに次ぐ3位でした。

冬季オリンピックは2月4日に正式に始まります。

誤った情報と多くの情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

READ  レンジャーズ2スパルタプラハ0生放送、アルフレッドモレロスが決定的な2点目を獲得