Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

広島カープ球団の監督が勝利を祈る激しい火の儀式を行う

和歌山県高谷市 – 日本プロ野球の広島東洋カープ野球チームの新井隆宏監督が1月19日、この西日本の都市にある聖護神旅館で、チームの今シーズンの成功を祈るための厳しい焚き火の儀式を行った.

護摩行を行う広島東洋カープの新井貴宏監督(中央)=和歌山県高野市の浄心院で2023年1月19日、山田直宏撮影

新井選手は、選手時代の2004年から毎年護摩牛の儀式を行い、引退後も数年間続けました。 この儀式は今年で20回目、校長としては初めて。 彼は燃える火の前で2時間近く唱え続けました。 神職の一人が「広島有勝、心願成就」と唱えると、荒井さんをはじめとする聴衆が同じ言葉を繰り返した。

荒井さんは火事で顔が真っ赤になったが、「何度やっても大変で、やる前は怖い。でも頭は強くなった」と晴れやかな表情だった。

「頑張る」という思いでゴマ​​ッジョを駆け抜けた選手として、今は違うと明かす。 「全選手が無傷でフィールドを走り回りますように」と主将らしい願いに変わった。

【岸本優】 マイニュース

写真: 野球監督の広島カープが神聖な高野山で儀式の火に耐える

READ  日本のクラブが損失を吸収するので、ベノイのロシアリーグの輸入のための厳しい土曜日の外出│GMAニュースオンライン