Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

庇護希望者のトイレタリーと薬の支払いをやめる内務省| 移民と亡命

ホテルに滞在している庇護希望者は、 ホームオフィス 来週から、基本的でないトイレタリーと市販薬への無料アクセスの提供を停止すること。

PA通信社が見た手紙によると、措置は2月11日に発効する。

カブールの英国大使館の元警備員であるファイズ・モハマド・セデキは、ワトフォードのホテルに滞在してから約6か月間滞在しています。 アフガニスタンから避難 彼の妻と息子と。

木曜日に手紙を受け取った30歳の女性は、通訳を介してPAに次のように語っています。 [the] ホームオフィスとは、「これからはあなたのことは気にせず、あなたのことも気にしない。すべてを自分で管理する必要がある」という意味です。

セデキの兄も逃げた アフガニスタン 匿名を希望し、その手紙に応えて、亡命を求める人々が英国政府によって「もう少し」世話をされていると感じられることを望んでいると述べた。

「すべてのアフガニスタン人にとってそれは非常に難しいことです [who] インフラストラクチャ、目的、目標など、すべてが私たちの国を破壊したため、彼らの国を離れてここに来ました…すべてが崩壊したばかりです」と彼は言いました。

「彼らはここ英国にやって来ます…他に安全な場所はなく、彼らが去って夢を実現する場所も他にありませんでした。」

内務省のアフガニスタン第三国定住プロジェクトからの手紙には、次のように書かれています。

「2月11日以降、これらの追加アイテムは提供されなくなり、ユニバーサルクレジットの支払いを使用して自分で購入する必要があることをお知らせします。」

手紙には、庇護希望者は「離乳食と乳児用ミルク」を含む「メインミール」を引き続き受け取りますが、「無料のスナック、トイレタリー」は受け取らないと記載されています。 [aside from basic toiletries] または市販薬。」

「予約には、交通費またはタクシー料金を自分で支払う必要があります」と手紙は付け加えています。

内務省にコメントを求めた。

今週初めに次のことが明らかになりました 英国政府は、ホテルに亡命希望者を収容するために1日あたり470万ポンドを費やしています、1人あたり推定£127。 内務省は水曜日に内務委員会に語ったところによると、現在ホテルには25,000人の亡命希望者と12,000人のアフガニスタン難民がいる。

国会議員は、政府は「コストの管理方法について」これらの評議会と協力する新しい方法を見つけるだろうと「楽観的」であると言われました。

内務大臣のプリティ・パテル氏は、この政策は「完全に不十分」であると述べ、「ホテルに人を入れたくない」と付け加えた。

彼女はまた、国には十分なインフラがないため、政府と地方自治体はアフガニスタン難民をより適切で恒久的な宿泊施設に移すのに「苦労している」と述べた。

READ  COVID-19:2回目の予防接種日を早めると専門家は言う| 英国のニュース