Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

弁士の芸術ツアーでは、何世紀にもわたる日本映画の伝統に焦点を当てます

弁士の芸術ツアーでは、何世紀にもわたる日本映画の伝統に焦点を当てます


UCLA 映画とテレビのアーカイブ

弁士は 1890 年代に日本で映画に直接ナレーションを提供し始めました。 写真:2019年ロサンゼルスでのショー。


メインソケット

  • 弁士の芸術ツアーでは、1世紀にわたる日本映画の伝統である弁士の芸術に命を吹き込みます。
  • このシリーズは、UCLA の 2 つの団体が共同で主催し、シカゴ、ロサンゼルス、ニューヨーク、東京、ワシントン D.C. にも立ち寄ります。
  • 弁士は日本の無声映画時代の魅力的なストーリーテラーでした。 この用語は、「映画の雄弁家」を意味する活動弁士というフレーズに由来しています。

UCLA の 2 つの団体が共同主催する 5 都市ツアーは、日本の弁士パフォーマンスの魅惑的な芸術に命を吹き込みます。

弁士アーティスト – この用語は「映画雄弁家」を意味する活動弁士というフレーズに由来しています – は、日本のサイレント映画時代の魅力的なストーリーテラーでした。 この習慣は1890年代に日本で始まりました。 最盛期の 1910 年代と 1920 年代には、7,000 名を超える弁士が映画を上映するだけでなく、生のナレーション、登場人物の描写、スクリーン上での出来事の説明も行い、劇場を満員にして観客を興奮させました。 この形式は、日本の植民地や、ロサンゼルスのリトル トーキョー地区にあるグレート フジ シアターなど、世界中の移民コミュニティでも栄えました。

弁士2024ワールドツアーの芸術を紹介します。 柳井日本人文科学の国際化イニシアチブ – カリフォルニア大学と東京の早稲田大学とのパートナーシップ – そして UCLA 映画とテレビのアーカイブ。 開催期間は4月5日から26日までで、ニューヨーク、ワシントンD.C.、シカゴ、ロサンゼルス、東京の6会場で12日程行われる。

ロサンゼルス公演は4月19日にロサンゼルスのダウンタウンにあるユナイテッド・シアター・オン・ブロードウェイ(旧エース・ホテル・シアター)で、4月20日と21日にはUCLAのハマー博物館にあるビリー・ワイルダー・シアターで予定されている。

1930年代、映画に音声が登場したことにより、日本では便師の数が減り始めたが、少数の便師がその慣習を存続させた。 ベンシーの誕生からほぼ 130 年が経った今、観客はこの魅惑的な映画の伝統に浸れる貴重な機会を得ることができます。

「2024年の弁士アートツアーは、日本でもこの規模ではめったに見られない、映画とライブパフォーマンスを組み合わせたユニークな演劇体験を提供します」とUCLA日本文学教授でヤナイ・イニシアチブのディレクターであるマイケル・エメリッヒ氏は述べた。 。 「私たちは、この活気に満ちたエキサイティングな形式をより多くの視聴者に届けることができることを光栄に思います。また、人々がこれらの番組から離れてもっと見たいと思ってくれることを私たちは知っています。」

各プログラムには、日本と米国の新たに修復された、めったに見られない古典的なサイレント映画の上映が含まれます。各作品では、3 人の異なる弁士の個別の芸術的解釈が上映されます。これらは、個別にまたは「かわいい色かけあい」として知られる形式で一緒に上映され、数名の弁士が役を引き受けます。異なる文字。 サイレント時代の終焉以来、柿合恋色のスタイルは、ヤナイ・イニシアチブと映画テレビ・アーカイブが主催した2019年のツアーで米国で一度だけ見られた。

UCLA映画テレビアーカイブの上級公共プログラマー、ポール・マルコム氏は「ベンチーの見事な演技的解釈を通じてサイレント映画を体験することは、他では味わえない視覚と音声の旅だ」と語った。 「私たちは再びヤナイ・イニシアチブと提携して、この没入型で変革的な芸術形式をより多くの聴衆に届けることができることに興奮しています。」

今日最も人気のある弁士の一人である片岡一郎氏に加え、大森久美子氏と山城秀之氏が加わり、ミュージシャンのグループが新作や歴史的な作品を演奏します。 ツアー全体で合計 18 本の映画が上映され、プログラムは毎晩各都市で異なります。 パフォーマンスは日本語で行われ、生演奏と英語の字幕が付きます。

プログラムにはさまざまな映画が含まれており、その多くは新たに修復されました。 現存する最古の日本のアニメーション映画『鈍い剣』(なまくらがたな、1917年)。 小津安二郎、溝口健二、チャーリー・チャップリンの名作映画。 そして最近発見され修復された「ソード・セクション」は、知られている限り最古のアジア系アメリカ人の映画作品です。 ツアー中に上映された映画の一部は、映画テレビ アーカイブによって復元されました。

このツアーに関連して、ヤナイ・イニシアチブは、エメリッヒ氏とカリフォルニア大学サンディエゴ校教授の美生大介氏が共編した、弁士の歴史に関する豊富なイラスト入りの本『弁士の世界』を出版する予定です。

/一般発売。 元の組織/著者からのこの資料は、本質的に年代順になっている場合があり、明確さ、スタイル、長さのために編集されています。 Mirage.News は企業の立場や当事者を受け入れず、ここで表明されたすべての意見、立場、結論は著者のみのものです。全文はこちらでご覧ください。

READ  金と水の王国のアニメは、追加の7人のキャストメンバーを明らかにし、1月27日に日本デビュー - ニュース