Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

彼は1ヶ月で辞任した3人目の日本の閣僚でした

彼は1ヶ月で辞任した3人目の日本の閣僚でした

[東京 11月20日 ロイター] – 金融スキャンダルを理由に日本の総務大臣が日曜日に辞任し、岸田文雄首相のすでに不安定な支持に深刻な打撃を与え、1カ月足らずで辞任した3番目の閣僚となった。

岸田氏の支持率は、7月の安倍晋三前首相の暗殺以来急落しており、与党自民党の政治家と統一教会との間の深く、長年にわたる結びつきが明らかになった.

首相が岸田解任の準備をしているという報道が表面化した後、寺田稔内相は岸田に辞表を手渡した。 岸田氏の事務所はこの報道についてコメントを求めることができなかった.

いくつかの金融スキャンダルで非難されてきた寺田氏は、彼の支援グループの 1 つが、死んだ男が署名した財務書類を提出したことを認めた.

岸田氏は、寺田氏の辞任を受け入れ、3月期の第2次補正予算案の審議など議会での議論を優先したと述べた。

10 月 24 日以降、3 人の閣僚が辞任したことについて尋ねられた岸田氏は、謝罪したいと述べた。

「大きな責任を感じています」と彼は記者団に語り、早ければ月曜日にも正式に寺田の後任を指名する予定であると付け加えた. 彼は松本武井元外務大臣を指名する可能性があると公共放送局NHKが報じた。

寺田氏の辞任は、最近のいくつかの世論調査で支持率が 30% に満たない状況にある首相をさらに弱体化させる可能性があり、彼が政治的アジェンダを実行することを困難にしています。

安倍首相が選挙戦で射殺された数日後、自民党を総選挙で勝利に導いた後、岸田氏は 2025 年まで国政選挙を必要としない「黄金のトリエンナーレ」を享受すると広く期待されていた。

安倍の殺害容疑者は、母親が統一教会によって破産したと言い、安倍がそれを助長したと非難している. 自民党は、多くの議員が教会とつながりを持っていることを認めていますが、党との組織的なつながりはありません。

9月末に安倍首相の国葬を執り行うという岸田首相の決定にも、有権者の過半数が反対した。

10 月 24 日に山極大志郎経済再生相が宗教団体との関係を理由に辞任し、岸田氏は有権者が彼の状況への対応が遅く不器用であると見なしたことで批判された。

11月中旬、特に処刑の承認など、職務を軽視していた羽梨泰弘法務大臣が辞任したことで、さらなる被害が発生した。

林と寺田の辞任は、LTPで岸田派に属しているため、特に痛手だ。

アイリーン・ライズと小宮勘太郎によるレポート。 編集:クリス・リース、ウィリアム・マラード、アンガス・マクスワン、キルステン・ドノヴァン

私たちの基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  デジタルプロジェクトは日本の昔をよみがえらせる