Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

忙しすぎてヘルシーな食事を食べられませんか? 「ホール」フードは、毎日の栄養素をすべて提供すると主張している

Base Food、Inc.の礼儀
読売新聞
Misovation Inc. 提供

左上: Base Food, Inc. 向けの Whole Foods Foods パン、パスタ、クッキーの形で。
左下:日清食品(株)の即席めん、即席ごはんなどホールフード。
右:Misovation Inc は味噌汁を自然食として販売しています。

これらの製品が主張するように、「栄養価の高い自然食品」を食べることで、日常生活に必要なすべての栄養素を提供できますか?

これらの食品は、従来は飲料タイプの商品でしたが、最近では、パンや即席めんなど、三食定食を食べない人の選択肢が広がる商品が注目されています。

厚生労働省が食品成分の特定の機能を説明するために表示する「保健機能食品」として分類しているものとは対照的に、完全食品の明確な定義はありません。

ほとんどの国産品は、厚生労働省が発行している「日本人のための栄養リファレンスガイド」に記載されているように、ビタミン、ミネラル、炭水化物、タンパク質、脂肪を含む33の栄養素の標準的な摂取量を考慮して製造されているようです.

神奈川県在住の大学生(21 歳)は週 3~4 回、朝食に栄養補助食品とされるパンを食べている。

「朝にバランスの取れた食事を作るのは難しい」と彼女は言った. 「味も種類も豊富で毎日食べられるパンです。」

あなたが食べているパンはベースフード社製です。 2016 年に設立された株式会社。ベーキングに加えて、同社はホールフード食品の範囲でパスタとビスケットを開発しました。 同社は、大豆や昆布を含む 10 種類以上の成分を全粒粉ベースにブレンドしており、1 食分で 1 日の標準的な食事摂取量の 3 分の 1 以上の栄養素が得られます。

Base FoodのCEOであるSean Hashimoto氏は、外食の習慣をやめたいと思っていたが、自炊しようとしてもうまくいかなかったと語った。

「忙しい労働者にとって、毎食多くの健康的な料理を作り続けるのは難しい」と彼は言った. 「パンとパスタを食べると、健康的な食事を続けやすくなります。」

多様性とバランスを求める

固形の栄養補助食品は 30 年以上前から販売されていますが、10 年ほど前にアメリカの新興企業が開発した Soylent が、最初に丸ごと食品として販売されたと言われています。 それ以来、簡素化された食事と健康意識への傾向は高まり続けています。

米国およびその他の国に拠点を持つ企業である KBV Research は、自然食品の世界市場は 2021 年時点で年平均 6.5% の割合で成長し、2027 年までに 63 億ドルに拡大すると予測しています。

日清食品株式会社 5月の即席めんや即席米飯は、栄養価の高いホールフーズと言われています。 これらの製品は、「日本人の食事摂取基準」に含まれる33の栄養素をすべて提供します。 おいしさと栄養バランスを考えた商品です。

日清のブランドマネージャーである金子大輔氏は、「健康的な食事を作ることができない人に試してもらいたい.

ミソベーション株式会社が販売脂肪、炭水化物、6つのビタミンとミネラルを除くすべての基準栄養素を含む味噌汁の形のホールフード食品.

ただし、これらの食品だけで構成されていると、33 食生活基準に含まれていないポリフェノールなどの重要な栄養素を摂取できなくなるおそれがあります。

管理栄養士の三木あやかさんは「できるだけ多くの品目を含むバランスの取れた食事を心掛けましょう。 「何かと忙しい方は、一食をこのような商品に置き換えることをお勧めします。」

READ  Kaiser Permanente、Bupa、Health 100、Ikang Group、Japan Red Cross、Reach Health Care、Mayo Clinic、Nuffield Health、Cleveland Clinic、Copper Aerobics、Samsung Total Health Care Center、Milord HealthGroup-ホスト