Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

快適性:マットレスブランドは、Reboseを使用してOdishaでユニットを作成し、日本の睡眠技術を使用しています

バンガロールを拠点とするマットレスブランドのReposは、木曜日に、オリッサ州ブバネシュワールに2か月以内に工場を設立すると発表しました。 これは、タミルナードゥ州のコインバトール、マハラシュトラ州のプネ、ウッタルプラデーシュ州のメーラトに続く4番目のユニットになります。

業界の4人の元幹部によって、自分のお金と銀行ローンで昇進した10年の歴史を持つこの会社は、2021年から22年にかけて、103億ルピーの収益を上げました。 インド全土での急速な拡大に伴い、同社は今会計年度を約200億ルピーの収益で終わらせることを望んでいると最高執行責任者のRamanathBhattは記者会見で語った。

同社は、日本のスマートグリッド技術を使用してオフライン販売用に製造した2種類のマットレスを発売しました。 最高マーケティング責任者のBalajiV氏によると、約1,500のエージェントネットワークを持ち、5,000ルピーから1.97ルピーの価格の50の製品カテゴリが追加されています。

同社はまた、俳優のプラブー・デーヴァにブランドアンバサダーとして署名しました。

彼らは現在、デリー、パンジャブ、ハリヤーナに拡大しており、さらに200の商人がいると、副社長(販売および事業開発)のラビ・パンディスは述べ、インド南部と西部で強い存在感を示していると付け加えました。

READ  ドルの上昇はFRBがインフレと戦うのを助け始めています