Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

怒ったフランスの農民がパリ農業博覧会を襲撃フランス

怒ったフランスの農民がパリ農業博覧会を襲撃フランス

フランスの農民グループは、エマニュエル・マクロン大統領の訪問予定に先立って土曜日、費用と規制に対する怒りの中でパリのファーマーズ・フェアを襲撃した。

展示会場内で数十人の警察官と対峙した農民らは怒鳴り、ブーイングを起こし、フランス大統領の辞任を要求し、同大統領に対して侮辱的な言葉を使った。

「ここは私たちの家だ!」と彼らは叫び、フランス機動隊の隊列がデモを封じ込めようとした。 ロイターの目撃者は、いくつかの衝突が起こり、警察が少なくともデモ参加者1人を逮捕したのを目撃した。

フランスの農民組合指導者らと朝食をとっているマクロン大統領は、その後展示会を訪れる予定だ。

同氏は土曜日に開催を予定していた農家、食品加工業者、小売業者らとの討論会を、農民組合が参加しないと表明したためキャンセルした。

農民たちはヨーロッパ全土で抗議活動を行っており、収入の向上と官僚主義の削減を要求し、安価な輸入品による不当な競争を非難している。

マクロン大統領は記者団に対し、「すべての農民たちに言いたい。スタンドを破壊することで同僚を助けることはできないし、家族を怖がらせてパレードを不可能にすることで同僚を助けることもない」と語った。労働組合指導者らと会談した後。

パリ・ファーム・ショーはフランスの一大イベントで、9日間で約60万人が来場する。

ヨーロッパ全土に広がっている農民の抗議活動は、農民が支持層を拡大している極右勢力が6月の欧州議会選挙で躍進すると予想される中で起きた。

今月初め、ガブリエル・アタル首相が4億ユーロ(3億4,200万ポンド)相当の新たな措置を約束したことを受け、フランスの農民らは高速道路の封鎖や公共建物前への肥料投棄などの抗議活動をほぼ中止した。

しかし、より多くの支援を提供し、約束を履行するよう政府に圧力をかけるため、今週再開された。

READ  ウクライナ戦争:ロシアによるクラマトルスク襲撃で死亡した11人には双子の姉妹2人も含まれる