Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

急速に拡大する日本のeスポーツ文化が主流になるのでしょうか。



2019年12月に東京都渋谷区で開催される全日本高校スポーツ選手権大会(毎日・丸山宏)で、生徒たちは真剣な表情で見られます。

東京-競争力のあるeスポーツゲームはますます人気が高まっており、世界中で約1億人のプレーヤーが、特に米国、ヨーロッパ、韓国に集中しています。 日本でもeスポーツを学ぶ高校生向けのコースを提供する高校が増え、活動基盤は徐々に拡大しています。 毎日新聞は、日本のeスポーツの現状についてもっと知りに行きました。

工藤光浅は、渋谷区のルネッサンス高校新宿代々木通信学校でeスポーツコースを受講している3年生です。 学校に着いたとき、「クラスでゲームができることに驚いた」と語った。

彼は元プロ選手の指導を受けて、ビデオゲームのトレーニングのために週に2回学校に通っています。 コースは2019年4月にキャンパスで開始され、学生数は急速に増加し、現在では約100人に達し、初年度の登録数の約10倍になっています。

彼の学校は、毎日新聞社などが後援し、2020年度に開催された全日本高校スポーツ選手権の第3版で3位になりました。 、194校と346チームが得点し、2020年チャンピオンを含む学校がCorrespondence- N高校の高校に入学し、高校野球を拠点とする仙台生栄学園にはエスポートクラブがあります。

eスポーツは余暇活動にも利用されています。 日本北西部の秋田市にあるハイテク企業S2で、同社はメンバーを募集して、通常はビデオゲームとは関係がないと考えられている高齢ゲーマーのプロチームを作りました。 6月からすでに62歳から72歳までの14名が応募しており、同社が設置した施設で研修が始まっている。

日本西部の大阪に拠点を置く企業であるアカデミアは、ゲームに関心のある障害者の雇用への移行を支援するために、2020年に事務所を開設しました。 このオフィスでは、ビデオゲームのコミュニケーションなどのスキルや、eスポーツ業界や関連するイベント会社などに関連する仕事を個人が見つけられるようにコンピューターを組み立てる方法を教えています。

アカデミア施設のマネージャーは、「楽しんで仕事をしているものとのつながりを築くことが重要です。eスポーツを通じて、人々は仕事を探すためのトレーニングに直面する意欲を見つけることができます」と述べています。

しかし、他の人はゲームへの中毒について非常に心配しています。 岡山大学医学部公衆衛生学教授神田秀幸が新見県岡山県教瀬高校のeスポーツクラブのチームドクターに就任。 神田さんは、生徒の健康状態などをチェックしながらアドバイスをしています。

ゲーム依存症について、神田氏は「ゲームを優先すると、家庭や学校生活に深刻な影響を与える。個人が自分に依存していることに気づかない場合が多い」と語った。 予防策として、彼は次のように示唆しています。「あなたがしなければならないことを怠らないことが重要です。」

学校では、常に宿題に遅れている生徒や、成績が着実に低下している生徒は、医師の指示で競争するのをやめることができると彼は言います。 チームメンバーには、首、手首、背中などの痛みに影響を与える部分や、画面を長時間見ていることによる疲れた目などを軽減するために、マッサージや運動時間も提供されます。 「eスポーツはまだ揺籃期にあります。将来的には、活動が文化として定着するための心身のケアを確保するための枠組みが必要です」と神田氏は強調した。

世界のeスポーツ市場は1,000億円(9億1,500万ドル以上)を超え、日本でも拡大しています。 角川アスキー研究所のeスポーツ研究者によると、eスポーツの初年度と呼ばれる2018年に多くの専門家チームが登場したとき、このセクターの価値は約48億円(約4400万ドル)だったという。 今年の時点で約87億円(約8000万ドル)と考えられており、3年後の2024年には約184億円(約1億6900万ドル)の価値があると見込まれています。

ビデオやライブでトーナメントを観戦するファンの数は2018年の2倍で、796万人を超えると予想されています。 角川研究所の大和子光延氏は、「コロナウイルスの影響で弱体化しているが、eスポーツ市場の拡大が目立つ。5Gワイヤレスネットワークの普及により、さらなる進展が見込まれる」と語った。

賞金が1億円を超えるトーナメントは日本にはほとんどありませんが、海外での大会は莫大な金銭的見返りがあり注目に値します。 人気ゲーム「Dota2」の2019年世界バドミン選手権の賞金総額は約36億ドル(約3300万ドル)でした。 同じ年、16歳のプレーヤーは「Fortnite」トーナメントで300万ドルを受け取りました。

eスポーツ経営の幹部は毎日新聞に「日本は会社に違いはほとんどないようだ」と語った。 2018年に日本スポーツ協会が収集した数字によると、日本の日本プロ野球市場は約1,800億円(約16.5億ドル)、Jリーグサッカーは約1,257億円(約11.5億ドル)の価値があります。バスケットボール協会は約303億円(約2億7,750万ドル)の価値があります。 世界選手権で優勝したプロのストリートファイター、ももちゆうすけは「プロとして生計を立てている選手は少ない」と語る。

角川研究所の大和子氏は、「まだ開発段階にある。プレイする人が増えると良くなるだろう」と語った。

(スポーツプロジェクト課杉本修作による日本語原作)

READ  NASA:火星のヘリコプターの革新により、最長かつ最速の飛行が可能になります