Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

恐竜は温血性が重要であるために十分な寒さを持つ必要があった

恐竜は温血性が重要であるために十分な寒さを持つ必要があった

ズームイン / その後、獣脚類はさまざまな温度に複数回適応するようになりました。

恐竜はかつては冷血動物か変温動物であると考えられていましたが、これは爬虫類であったため当然の考えです。 科学者たちはこれまでに恐竜種が温血種であったという証拠を発見しているが、何がこの適応につながったのかは不明のままだった。 研究者チームは現在、恐竜はすでにある程度の寒さに耐える能力を持っていたが、より気温の低い地域に移動する際に、吸熱性または温血性の適応を進化させたと考えている。 彼らはまた、逃亡の考えられる理由を見つけたと信じている。

研究チームは、中生代の化石記録、進化系統樹、気候モデル、地理学を利用し、地球温暖化を引き起こした劇的な気候変動現象を考慮に入れ、獣脚類(ヴェロキラプトルやティラノサウルスなどの鳥類の捕食者や祖先)と、鳥盤類(トリケラトプスやステゴサウルスなど)はジュラ紀前期に寒冷地に進出したに違いありません。 低温により、内部の熱に部分的に適応した種が選択されたと考えられています。

「偉大なニッチ市場の早期征服… [suggests] 等温(おそらく吸熱)生理学の初期の研究 [certain species]研究者らは、英国の新聞「デイリー・メール」に掲載された研究で、「そのおかげで、ジュラ紀初期以来、極度の緯度でも彼らが定着し、生息し続けることができた」と述べている。 スタディ 最近『Current Biology』誌に出版されました。

注目の不動産

2 億 3,000 万年前から 6,600 万年前まで続いた中生代には、ティラノサウルス科として知られる原始的な恐竜が、高温で乾燥した気候に多様化し始めました。 初期の竜脚類、鳥盤類、獣脚類はすべて、これらの地域で生き残る傾向がありました。

竜脚類(ブロントサウルスやディプロドクスなど)は、好熱性を持つ唯一の恐竜グループとなるだろう。化石記録によれば、たとえ食物が少なくても、竜脚類は暖かい地域で生き残る傾向があった。 これは、外部の熱に伴う太陽光と熱の必要性を示しています。 ある仮説によると、彼らは低温でも生存できた可能性があるが、長く生存できるほど適応していなかったという。

また、獣脚類や鳥盤類が最終的にこれらの涼しい地域に移動することになったため、寒い地域に住むということは他の種類の恐竜との激しい競争を意味した可能性もあります。

ほぼ世界の終わり

恐竜を寒い地域に引き寄せた可能性のある環境の機会からは程遠く、暖かい地域から遠ざけられた可能性があります。 約1億8,300万年前、大量のメタン、二酸化硫黄、水銀を噴出する激しい火山活動と相まって、炭素循環に混乱が生じました。 地球上の生命は、灼熱、酸性雨、森林火災の被害を受けました。 で知られている ジュラ紀初期のジェンキンス イベント研究者らは現在、温暖な地域の気温が彼らの生存に適した温度を超えたため、これらの撹乱によって獣脚類と鳥盤類の恐竜がより寒冷な気候に追い込まれたと考えている。

ジェンキンス現象の衝撃を生き延びた獣脚類と鳥盤類は、寒冷気候に大きく適応した可能性がある。 現在、これらのグループの恐竜の多くは羽毛で覆われていたと考えられています。 羽毛は熱を閉じ込めて放出するために使用でき、これにより羽毛恐竜はより多様な気候でも体温を調節できるようになった。 現代の鳥も同じように羽を使います。

羽毛や熱管理を改善した特殊な構造を持つ恐竜種は吸熱性であった可能性があり、これは代謝活動や吸熱活動によって体温を維持できたことを意味します。

高緯度に移動して低温に適応した恐竜とは別に、内温動物が新たな種や系統の恐竜を生み出した可能性がある。 それは、鳥類を含むクレード(現存する唯一の実際の恐竜)であるアビアラエの出現に貢献した可能性があり、その起源は最も初期の祖先まで遡ります。

」[Our findings] 「これは鳥類の内温動物の起源について新たな洞察をもたらし、獣脚類内のこの進化の経路が最新のジュラ紀前期に始まった可能性があることを示唆している」と研究者らは同じ記事で述べている。 スタディ

これは、次に鳥が飛んできたときに考えるべきことです。

現在の生物学、2024 年。DOI: 10.1016/j.cub.2024.04.051

READ  日本のエクササイズ: お腹の脂肪の燃焼に役立ちますか?