Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

悪い状況が3四半期続き、日本経済は崩壊しつつある

悪い状況が3四半期続き、日本経済は崩壊しつつある

消費者と企業が支出を削減したことで日本経済は第1・四半期に縮小し、景気回復の脆弱性を浮き彫りにし、昨年夏からの低迷が続いた。

  • こちらもお読みください: なぜ日本円はこんなに安いのか

内閣府は木曜日、国内総生産が3月までの3カ月間で年率2%のペースで縮小したと発表した。 エコノミストらは1.2%の縮小を予想していた。 個人消費と設備投資がともに後退し、純輸出も伸び悩んだ。 2023年最終四半期の数字は、以前の0.4%成長と比べて経済が安定していることを示すために修正された。

ダイハツ工業はトヨタ自動車の子会社です。 この結果は、元旦に東京北西部で発生した地震による悪影響と、2016年に認証スキャンダルが勃発したことによる自動車の生産と販売の混乱を反映している。

これらの要因は一度割り引いて考えることができますが、世代を超えて続く強いインフレの影響はより永続的な問題です。 労働者が持続的な実質賃金の低下に対処し、予算を引き締めているため、住宅費は下がり続けている。 個人消費は現在4四半期連続で減少しており、世界金融危機以来最長の低迷となっている。

3月に17年ぶりの利上げを実施した後、日銀が次の利上げ時期を決定するためにデータを注意深く監視している中で、弱い結果がもたらされた。

楽天証券経済研究所のチーフエコノミスト、阿多古信康氏は「日銀はこうしたGDPの数字を無視することはできない。すぐに再利上げできる状況ではない」とし、「7月には動けないと思う」と述べた。 8月に発表される第2・四半期GDP統計を待つ必要がある。

多くのエコノミストは日銀が年内に再び動くと予想している。 彼らは、自動車生産の回復と賃金上昇が消費者心理を押し上げるため、6月第1四半期には景気が回復すると予想している。 多くの世帯が6月から1回限りの減税を受けることになる。

  • こちらの記事もお読みください: 円は疑わしい介入の後も急騰に固執、中央銀行は焦点を当てる

ブルームバーグ経済学が語る…

「日本の第1・四半期GDPは一時的要因により市場の予想以上に縮小したが、それは日銀の政策正常化を止めるものではない。」

– 木村太郎、経済学者

第 1 四半期のデータは経済にとって暗い見通しを示しましたが、前向きな進展もありました。 第1四半期には、過去30年間で最大の賃上げを約束する労働組合との年次交渉を終えた企業が現れた。 賃金上昇が最終的に消費を押し上げるとの見通しが、日銀が3月に利上げを決定した背景となった。

個人消費が大幅に増加するかどうかはまだ分からない。 光熱費高騰を補う補助金は5月末で期限を迎える予定で、円安が幅広いサービス業の心理を圧迫している。

日本の政府関係者や企業幹部らは、トヨタなどの輸出企業が好調な業績を発表しているにもかかわらず、輸入エネルギーやその他の商品のコスト上昇によって家計や中小企業を圧迫している通貨安に懸念を表明している。

日銀は現在、コストプラスインフレが引き続き緩和し、需要主導のインフレに移行すると予想している。 宇出一夫総裁は、為替の動きがインフレに大きな影響を与える場合には中銀が行動を起こすことを検討すると述べた。

最近の円の急激な動きで円は対ドルで34年ぶりの安値に下落し、財務省当局者らは円を支援するために外国為替市場に介入したと述べた。 日銀口座からの流出は、約9兆4000億円(608億ドル)相当の2つの潜在的な介入を示唆している。

第1・四半期の国内総生産(GDP)推計修正は、日銀の次の政策決定の4日前となる6月10日に予定されており、日銀が今後数カ月以内に円安を背景に再び利上げする可能性があるとの観測が依然として強い。 。

  • こちらもお読みください: 円安促進に日本の介入がどのように機能するか

当局者らは8月15日に第2四半期のGDP速報値を発表する予定で、その際中銀は7月に再び会合を開き、物価と成長率の予測を更新する予定だ。

このような記事はまだあります ブルームバーグ.com

これが最後の無料記事です。

READ  日本は2030年までに世界の電池市場の20%を獲得することを目指しています