Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

成長率が調整され、日本経済は奇跡的に不況を回避経済

成長率が調整され、日本経済は奇跡的に不況を回避経済

マイナス金利が早ければ今月中にも終了するとの見方が広がる中、GDPは0.4%成長している。

日本経済はかろうじて景気後退を回避しており、株式市場が数十年ぶりの高水準に上昇しているにもかかわらず、東アジアの巨人が直面する経済的課題を浮き彫りにしている。

日本の内閣府は月曜日、10月から12月までの国内総生産が前年比0.4%成長したと発表したが、これまでの速報値は0.4%の縮小を示していた。

四半期ベースではGDPは0.1%拡大し、予想の0.1%減から上方修正された。

先月、日本政府は内需と個人消費の減速を受けて日本経済が予想外に景気後退に陥ったことを示す速報値を発表した。

修正された数字は、日本が2四半期連続のマイナス成長と定義される不況から脱したことを意味するが、ドイツに3位を失った後も世界第4位の経済大国であり続けている。

この数字の改善を受けて、日銀が約10年間実施してきた異例のマイナス金利政策を今月中にも終了するのではないかとの期待が強まる可能性が高い。

日本経済は、1990年代初頭の大規模な資産バブルの崩壊後、数年間の「失われた10年」を通じて低成長に苦しんだ。

日本経済が直面している困難にもかかわらず、外国人投資家が円安と株主利益を押し上げたコーポレートガバナンス改革の恩恵を受けているため、東京の株式市場は上昇している。

基準となる日経平均株価は、2月に1989年の高値を超えてから、今月初めに初めて4万円の大台を突破した。

READ  ラフル・バジャジ:インドが啓発された利己主義の政策を追求するならば、アジアだけでなく世界におけるその重要性は増加し続けるでしょう