Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

戦争と経済への懸念がバイデン氏に打撃となる中、2024年の世論調査ではトランプ氏がリード

戦争と経済への懸念がバイデン氏に打撃となる中、2024年の世論調査ではトランプ氏がリード

エディターズ ダイジェストを無料で開く

経済への懸念とイスラエルとハマスの戦争をめぐる民主党内の分裂により、2024年の米大統領再選の可能性が損なわれる中、ジョー・バイデン氏がドナルド・トランプ氏の後塵を拝していることが日曜の二つの世論調査で明らかになった。

ニューヨーク・タイムズ紙がシエナと協力して実施した世論調査では、バイデン氏の経済対応への疑問や年齢に関する疑問、他州への不満などが原因で、バイデン氏が接戦で最も重要な6州のうち5州でトランプ氏に後れを取っていることが示された。イスラエルとハマスの紛争など。

CBSニュースの世論調査でも、2024年大統領選の1年前にトランプ氏がバイデン氏を上回っていることが示され、より多くの有権者が2024年にトランプ氏が勝利すれば経済的に良くなると考えていること、バイデン氏が説得した方法で民主党を説得できなかったことが示された。トランプ共和党。

アメリカの有権者は外交政策よりも経済などの国内問題に投票する傾向がある。 しかし、どちらの世論調査でも、バイデン氏が国家安全保障を含むさまざまな問題で広範な不満に直面していることが示されている。

ニューヨーク・タイムズ紙の世論調査によると、有権者は経済に関してバイデン氏よりもトランプ氏を信頼していると答えており、その差はそれぞれ59%対37%で、どの問題に関しても最大の差となっている。 有権者全体では、性別、年齢、教育、収入レベルに関係なく、トランプ氏のほうが経済学で高い評価を得た。

ニューヨーク・タイムズ紙の世論調査によると、もし今選挙が行われれば、アリゾナ州、ジョージア州、ミシガン州、ネバダ州、ペンシルベニア州でバイデン氏がトランプ氏に3~10ポイントの差で負けることになる。 ウィスコンシン州ではバイデン氏が2ポイントリードしている。 彼は2020年にこれらすべての国を担った。

特にイスラエルとハマスの戦争は民主党を分裂させ、若い有権者や有色人種が大統領から離れ、2024年の選挙で大統領の可能性が薄れる可能性がある。

ニューヨーク・タイムズ紙の世論調査によると、2020年にバイデン氏を大差で支持した人口グループは現在競争力が増しており、有権者の3分の2が国が間違った方向に向かっていると回答している。

世論調査では、30歳未満の有権者がバイデンを支持しているのはわずか1パーセントポイントで、ヒスパニック系有権者の間でのバイデンのリードは劇的に低下し、都市部でのバイデンの優位性は地方でのトランプよりも小さいことが判明した。

バイデン氏は、イスラエルとハマスの戦闘即時停止を支持するよう求める一部の民主党員からの圧力を受けている。 バイデン氏は、先月ガザ地区で致命的な攻撃を開始したハマスを壊滅させるイスラエルの取り組みを支持すると述べた。 しかし同氏はイスラエルに対し、戦時国際法を遵守し、民間人の犠牲を避けるためにさらなる努力をするよう求めた。

バイデン氏を最も厳しく批判するパレスチナ系米国人のラシダ・トレイブ下院議員は、バイデン氏が「パレスチナ人の大量虐殺」を支持していると非難し、「今すぐ停戦を支持しなければ、2024年に我々に依存しない」と述べた。

日曜日のABCニュースでこれらのコメントについて質問されたジョン・フェイナー副大統領補佐官(国家安全保障担当)は、政権は紛争を説明するために使用される用語の一部に同意しないものの、それが強い反応を引き起こすことは承知していると述べた。

同氏はさらに、「これがあらゆる方面から強い意見がある紛争であることは承知している」と付け加えた。

“信じる [some of the terms] 「これには技術的な定義があり、ある種の歴史的共鳴と重みがあり、この戦争が民間人の命に与えている犠牲とその必要性について深刻な懸念を表明し続けているにもかかわらず、我々はこの戦争への適用を受け入れない」もっと守るために。」

ホワイトハウスのケビン・ムニョス報道官は、初期の世論調査では2022年中間選挙でのバラク・オバマ前大統領とバイデン前大統領の敗北が誤って予測されていたと述べた。

同氏は「世論調査を気にするのではなく、頭を下げて仕事をすることで2024年に勝利するだろう」と語った。

READ  バイデン氏、オバマ氏、クリントン氏とともにニューヨーク市で募金活動を主催