Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

批評家は日本の亡命改革を人権侵害として非難する

木曜日に計画された日本の庇護法の改革は、難民の地位のために失敗した申請者を国外追放することをより簡単にするであろうという弁護士、立法者および人権団体からの鋭い批判を引き出しました。

政府は、提案された改革は、3回目の申請が失敗した後に亡命希望者が国外追放される可能性があることを意味し、亡命希望者が再申請または拒否されたときに長い間妨げられてきた問題を解決すると述べています。

物事が停滞し、新しい申請または上訴が処理されると、国外追放命令は一時停止されます。

庇護希望者の中には、その過程で一時的な救済が与えられるものもあります。つまり、仕事ができなくても比較的自由に暮らせることを意味します。

国連人権理事会はこれを批判し、外国人を長期間拘留することは彼らの人権の侵害であると述べた。

しかし、木曜日にこの問題について話し合った弁護士、議員、人権運動家は、提案された改革は長期拘禁問題を解決する正しい方法ではないと述べた。

「この改革は国際舞台で私たちを当惑させていると思いませんか?」 野党議員の杉本清美氏はこのイベントで語った。

「難民の命と権利を守ることは政府の役割であるが、彼らのアプローチはこれらの難民の命を奪い、彼らの基本的権利を無視することであるように思われる」と彼は言った。

日本の政府と社会は、人口の高齢化とより多くの移民を許可することによって軽減できる労働問題の減少にもかかわらず、移民と亡命について長い間深く懸念してきたとエコノミストは言います。

2019年には、亡命申請のわずか0.4%が日本で、25.9%がドイツで、29.6%が米国で成功しました。

法務省は、この改革は庇護制度の乱用を阻止し、長期拘禁を防ぐことを目的としていると述べているが、この事件の批評家は、それが人権を侵害し、場合によっては生命を脅かしていると述べた。

「日本で法律が変更された場合、私が帰国を余儀なくされた場合、私は逮捕され、死刑を宣告される可能性さえあります」と、あるミャンマーの亡命希望者は言いました。 イベントでの彼の状態。

「私の人生が危険にさらされる可能性があるので、私は非常に怖いです」と彼は言いました。

私たちの基準: トムソンロイター財団の原則。

READ  日米首脳会談後の共同声明