Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

技術の進歩により日本の代替食品市場における競争が激化

技術の進歩により日本の代替食品市場における競争が激化

植物ベースの代替食品は、持続可能で栄養価の高い食料源として日本でも人気が高まっています。
日本企業と外国企業は現在、新製品を迅速に市場に投入するための技術開発を競っています。

アメリカの新興企業は今月、国内の大手コンビニチェーンで乳製品不使用のアイスクリームの販売を開始すると発表した。 エクリプスフーズが開発したアイスクリームは牛乳を使用しておりません。

カリフォルニアに本拠を置く同社は、牛乳の組成を分析した結果、キャッサバやジャガイモなどのさまざまな植物から同じ機能を持つ成分を抽出することができた。

同社は、自社製品のフレーバーとクリームは乳製品に似ていると述べている。
「私たちは食品システムを産業畜産から植物ベースの製品などの代替タンパク質へと移行させています」とエクリプス・フーズ創設者兼最高経営責任者(CEO)のアイロン・スタインハート氏は言う。

日本のスタートアップ、Daizは大豆ベースの肉や魚に似た製品を開発した。 同社のチキンナゲットとツナおにぎりは昨夏、コンビニチェーンの店舗で発売された。

同社によると、大豆の発芽時に酸素や温度、湿度などの条件を細かく制御することでアミノ酸の量を増やし、本物の肉や魚と同じくらい栄養価の高い製品を生産することができたという。

READ  TSMCは、米国のチッププッシュにもかかわらず、「台湾へのコミットメント」を再確認します