Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

投資家は日銀の政策変更で賃金を回復

藤田順子

[東京 12月8日 ロイター] – 世界の投資家は日本国債を空売りし、他の市場の利回りを押し上げており、日本銀行が超緩和的な金融政策を早急に撤回するよう迫っている。

東京が先月下旬に11月に消費者物価が40年ぶりの最速ペースで上昇したことを示した後、賃金は上昇しました。

三菱UFJ国際アセットマネジメントの債券投資部門ゼネラルマネジャーである小口雅之氏は、「価格が上昇するにつれて、日銀が利回り曲線のコントロールを変更するのではないかという憶測がこれまで以上に強まっている.

10年物国債の利回りは日銀の目標レンジの上限である0.25%に数日間保たれた。中央銀行はその満期の債券を無制限に購入し続けているからだ。 短期金利スワップは、2 月までに 3 か月物金利がプラスに転じることを示しています。

日銀の黒田東彦総裁は、日銀独自のイールドカーブ・コントロール政策に固執する必要性を繰り返し強調しており、日本は、インフレと戦うために政策を積極的に引き締めてきた主要中央銀行の中でも異例の存在となっています。

利回り曲線制約 (YCC) の下で、日銀は短期金利を -0.1% に誘導し、暗黙の 0.25% キャップで 0% に 10 年債利回りを誘導することを約束しました。

UBSのロンドン在勤ストラテジスト、ジェームズ・マルコム氏は、10年物スワップがどのように使われたかを指摘し、「10年物利回りとYCCに注目するのは少し違う。他の金利はすでに完全にYCCから離れているからだ」と語った。 . 国債利回りは今年初めからアウトパフォームしており、現在は 2 倍以上の 63 ベーシス ポイント (bps) になっています。

黒田氏は、最近のコストプラスインフレが賃金の上昇を伴うまで、政策は変わらないと述べた。 これに加えて、黒田氏が 4 月初旬に終了する任期の最後の数か月に変更を行わないのではないかという疑念も相まって、投資家は今年何度か変更への賭けから遠ざかりました。

SMBC日興証券のストラテジスト、奥村中氏は「国債のショートポジションはまだカバーされていない。

外国人は、前週の451億円の売却に続き、12月3日までの週に1兆1000億円(80.2億ドル)の国債を売却した。

給与交渉

日銀の厳しいスタンスと米国連邦準備制度理事会の積極的な利上げとの対比により、円は 10 月に 32 年ぶりの安値を記録しました。

JPモルガン証券の日本担当チーフエコノミスト、藤田綾子氏は「日銀は3月までにYCCを修正する可能性がある。決定は『春刀』の後に行われる可能性があるが、日銀はそれを待つ必要はない」と述べた。

日本の優良企業が来年度の従業員の給与について話し合うために労働組合と会合する「春の賃金交渉」は、毎年 3 月に行われます。

著名な日銀の野口朝日氏は先週、インフレ率、賃金、サービス価格が予想を上回り、2%の目標を上回った場合、中央銀行は金融刺激策を「時期尚早に」撤回する可能性があると述べた。

トレーダーらはまた、日銀の新理事である田村直樹氏のコメントを指摘し、日銀は利回り曲線のコントロールの長所と短所を検討すべきであり、政策が市場の価格を誤ったものにしたという憶測の最新の理由である.

フジタ氏によると、日銀は10年物利回りの目標をゼロから25ベーシスポイント引き上げるか、取引幅を25ベーシスポイント拡大してどちらの側も0.50%にする可能性があるという。

日銀の次の政策決定会合は、12 月 19 ~ 20 日、その後 1 月 17 ~ 18 日に開催されます。

黒田氏の最近の会談では、緩和的な金融環境から抜け出すための枠組みとして、短期金利と日銀のバランスシートの拡大に​​焦点が当てられており、投機筋は彼がもはや YCC に執着していないと信じるより多くの理由を与えています。

「私の個人的な意見では、1 月の会議はライブで行われているのは、それがミスター. 黒田最後の総括会。 マルコム氏は、「現時点では存在しないイベントの重みがなければならない」と述べているが、UBS は少なくともあと 1 年間はポリシーの変更はないと予想している (1 ドル = 137.0900 円)。

(藤田順子による報告、Vidya Ranganathan と Kim Coggle による編集)

READ  ポケモンTCG日本のバトルレギオンプレビュー:シャンデラ