Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

排他的:国会議員がトヨタのチーフからの圧力を引用した後、日本は政策文書でハイブリッドを強調する

東京(ロイター)-日本は、ハイブリッド車のサポートがバッテリー式電気自動車と同等であることを示すために主要な政策文書を変更しました。 与党会議のメモによると、プリウス。

「いわゆる電気自動車」への言及を追加することを含む言い回しの変更は、化石燃料ハイブリッド車をゼロエミッションバッテリー車と同等にするように見えますが、環境保護論者は大きな違いがあると言います。

日本の自動車産業、特にトヨタ自動車(7203.T)は、環境保護論者や投資家から、バッテリー駆動車の採用が遅れているとの圧力を受け、政府にそれらへの移行を弱体化させるよう圧力をかけています。 続きを読む

今すぐ登録して、Reuters.comへの無制限の無料アクセスを取得してください

甘利明元産業相兼自由民主党のベテランメンバーは、6月3日の会合で、豊田章男氏と前日に話をしたと述べ、政府の年次経済政策ロードマップの変更を要求した。ロイターによる。

豊田自動織機は、日本自動車工業会(JAMA)の取締役会会長であり、トヨタ自動車の社長です。

「昨日豊田議長と話をしたが、議会はハイブリッドを拒否する政府を支持することはできないと彼は言った」とアルアマリはメモと声によると自民党の議員の政治会議で言った。

アマリ氏は、水素などの合成燃料を使用すると、ハイブリッド車が「100%クリーンエネルギー」になると述べており、ポリシー文書でそれを明確にする必要があります。

「はっきりさせないと、JAMAは全力で抵抗するだろう」とアマリはメモと音声で言った。

「ハイブリッド車が電気自動車のカテゴリーに含まれていると言わなければ、それは良くないでしょう」と彼は言い、電気自動車への言及は「いわゆる電気自動車」に変更されるべきであると付け加えました。 。」

Al-Ammariはロイターに、電気自動車がバッテリー駆動の自動車に限定されず、ハイブリッド車を含むことを明確にするために「いわゆる」を含めるよう要求したことを確認した。 彼は他の変更を求めなかったと言った。

彼は豊田に話しかけたことを確認した。

「豊田氏が言おうとしているのは、合成燃料を動力源とするハイブリッドは、燃費が非常に良いので環境にやさしいということです。ハイブリッドが拒否されたら、とても不幸になると言っていました。自民党はハイブリッドを拒否した。そして私はそのようなことはしなかったと言った。」

Al-Ammariはロイターに、合成燃料を開発することにより、自動車メーカーはゼロエミッションの内燃機関を生産できるようになると語った。 彼は、そのような燃料は、バッテリー電源で動作しない航空機でも使用できると述べました。

ロイターへの声明の中で、JAMAは、自動車業界は2050年までにカーボンニュートラルになるという目標を達成するために最善を尽くしていると述べた。 。

また、各国や地域の顧客のさまざまな状況やニーズに対応する必要もあったと彼女は語った。

トヨタのスポークスマンはロイターをガマに紹介した。

脚注

オンラインで入手可能なこの文書の最終版は、「いわゆる電動車」のすべての新しい国内車両販売に関する日本の2035年の目標に言及しており、そのような車両にはハイブリッド車が含まれることを本文で具体的に述べています。

オンラインでも入手可能な5月31日の以前のドラフトでは、脚注でのみハイブリッドへの参照が示されています。 本文では、2035年の目標は、すべての新車販売を「電気自動車」にすることであると述べています。

年次政策文書は政府にとって非常に重要であり、政府の将来の政策の枠組みとして機能します。

売上高で世界最大の自動車メーカーであるトヨタは、内燃機関ではなく化石燃料が問題であると述べた。 20年以上前にプリウスで知られているハイブリッド車に加えて、水素技術もサポートしていますが、これまでのところ、バッテリー式電気自動車のように影響はありません。

エネルギーと気候のシンクタンクInfluenceMapは、公の声明や政府との交流を含む気候政策に関するロビー活動の実績により、トヨタを主要な自動車メーカーの中で最悪にランク付けしました。

年金基金を含む投資家から、その圧力について批判されてきた。 デンマークのAkademikerPensionは、過去1年間にトヨタの株式のほとんどを売却しました。

トヨタは昨年、2030年までに自動車の電動化に8兆円(600億ドル)を割り当て、その半分は二次電池式電気自動車の開発に充てられました。 しかし、これらの車両の年間販売台数は、10年の終わりまでに350万台に達すると予想されており、これは現在の販売台数の約3分の1に相当します。

彼女は、インフラストラクチャがバッテリー駆動車への急速な移行をサポートする準備ができていない市場ではハイブリッド車が理にかなっており、顧客はよりクリーンな技術のためのより多くのオプションを持っているべきだと言います。

今すぐ登録して、Reuters.comへの無制限の無料アクセスを取得してください

山崎真紀子による報告。 久保信弘、白木真希、金子香織による追加報告。 DavidDolanによる編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  東南アジア諸国連合の経済成長を推進するサーキュラーエコノミーの可能性