Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

採用ホールディングの収益は 17.3% 増加し、雇用の減速の兆候を示しています

2022 年 8 月 12 日

グローバル人材紹介会社リクルートホールディングスの売上高. 株式会社 6月30日に終了した第1四半期の結果を報告すると、雇用の減速の兆候. ただし、収益は恒常通貨で前年比 17.3% 増加しました。

同社は、「高水準の雇用活動は、米国とヨーロッパで緩和の兆しを見せたが、年々堅調を維持している」と述べた.

Indeed と Glassdoor を含むリクルートの HR テクノロジー部門は、同社の他の 2 つの成長セグメントをリードし続けています。

画像をクリックすると拡大します。

HR テクノロジーの収益は、第 1 四半期で前年同期比 53.9% 増加しました。 成長率は、第 4 四半期の年率 80.4% の増加から緩和しました。

社長兼 CEO の Edicuba Hisayuki 氏は、Indeed の求人数は依然として高いものの、一部の地域では成長が停滞しているか、高い水準から反転していると述べています。

Edicuba はアナリストとの電話会議で、「米国では 7 月に雇用の減速が見られ、ソフトウェア開発や人事など、パンデミック中に爆発的な成長を遂げた雇用の最大の減少が見られました」と述べています。

彼は、ほとんどが中小企業である雇用主によって Indeed に直接投稿された求人が、パンデミックの開始以来初めて前年比で減少したと述べました。

セクター別収益

HR テクノロジー セグメントにおけるリクルートの収益は、米ドルで測定すると、前年比で 29.9% 増加しました。 米国外の収益は、主にヨーロッパとカナダが牽引して 46.5% 増加しました。 同社は、労働市場が依然として逼迫しており、アクティブな求職者の数が Indeed と Glassdoor の両方で前年比で増加したことを指摘しました。

リクルートの採用事業部門に移ると、第1四半期の収益は前年同期比で15.1%増加しました。 恒常通貨ベースでの増加は 9.2% でした。

採用は、雇用の継続的な需要を挙げました。 日本の雇用収入は、前年比 12.4% 増の 1,651 億円 (12 億 1000 万米ドル) でした。 一方、ヨーロッパ、アメリカ、オーストラリアの雇用収入は 17.2% 増加して 2,205 億円 (16.2 億米ドル) になりました。 恒常通貨の増加は 6.8% でした。

リクルートは、ビジネスユニット「メディア&ソリューション」を「コンフォーマンス&ソリューション」に名称変更。 このセグメントには、同社独自の出版事業が含まれます。 このセグメントの第 1 四半期の収益は、前年同期比で 18.8% 増加しました。

ガイダンス

2022年の雇用予測収入は前年比14.9%増加します。 見通しは5月16日の決算発表から変更なし。

株価と時価

リクルートの株価は本日、東京で 4.16% 下落して 5,182 円 ($39.02) で取引を終えました。 52週間の安値を39.75%上回りました。 FT.comによると. 同社の時価総額は 8 兆 4000 億円 (632 億 5000 万米ドル) です。

READ  普通の日本人「従業員」がTikTokスターに到達