Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

損保ジャパンは、流行の中で「仕事」保険商品を提供しています

損保ジャパンは、企業がさまざまな事故から身を守りながら、仕事と幸せを両立させる、いわゆる「仕事」を取り入れた方針を打ち出しました。

写真は東京の損保ジャパン保険株式会社の本社です。 (京都)

今月初めに発売されたポリシーには、コロナウイルスの流行が人々の働き方を変えるため、2つの製品(1つは中小企業向け、もう1つは個人顧客向け)が含まれています。

けが、パソコンの修理、外出時の盗難などの医療費を負担します。

政府は、流行によって大きな打撃を受けた地域経済を復活させることを期待して、雇用のアイデアを推進してきました。

一部の地方自治体は、地域に福利厚生を促進し伝達するための専門機関を設立することで従業員を引き付けていますが、多くの企業は、問題への対処の実践や労働問題の管理における問題の導入に消極的です。

日本の主要保険会社は、これらの問題に対処するための方針を策定したと述べた。

提供された写真は、作業イメージを示しています。 (写真提供:病村紀州加田リゾートホテル)(京都)

中小企業の保険には、企業が従業員に貸与したパソコンの修理費用、コンピューター上のデータやプログラムの損失、職場の従業員による怪我の治療にかかる医療費が含まれます。

法人のお客様の保険料は、業種や企業の売上高によって異なります。

一方、個人保険は、盗難によるすべての怪我や損害に対する医療費をカバーします。

個人の保険料は片道500円(604.60)。


関連する報道:

2020年コロナウイルスに対する日本の30の推奨パスワードの半分

割引は50%に引き上げられ、東京旅行助成金制度に含まれました

特徴:人々が疫病から逃れるために目を向けると、日本の収容所は群衆を引き付けます


READ  COVID-19の休憩の後、日本への贅沢な旅行が北海道に戻る