Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

搭乗中のワーカホリック:日本の急行列車がリモートワークカーをデビュー

東京—パンデミック時に日本企業が柔軟な勤務形態を採用することが増えているため、新幹線のオペレーターは、東京と大阪の間の2時間半の旅で遠隔地で働くことを選択した乗客に対応する必要があります。

のぞみ 新幹線 東海旅客鉄道は木曜日、2つの大都市を結ぶ列車には、10月から他の車両の2倍のWi-Fi容量を備えた在宅勤務用の車両が指定されると発表しました。

「いつでもどこからでも仕事をしたいという人が増えており、新幹線はこの需要に対応するでしょう」とJR東日本社長の金子真氏は語った。

乗客は追加料金なしでWi-Fiにアクセスできます。 また、コンピューターモニター用のUSB充電器やプライバシーシールド、ミニマウスを無料で借りることもできます。 無線信号はセキュリティを確保するために暗号化されます。

このサービスは、のぞみの最新モデルであるN700S列車に限定されています。 東京と大阪を結ぶ東海道山陽線と、西日本を結ぶ山陽本線で運行されます。

チケットの価格は通常の指定席と同じになります。 来月からは会員限定のオンライン予約サービスでのご予約を承ります。

来年の春から、鉄道事業者は、新しいのぞみ列車の車の間の喫煙エリアを、会議用キオスクやその他のビジネス用途に変換します。 また、12月には東京駅と名古屋駅にキオスクを設置し、有料でレンタルできるようにする予定です。

READ  日本は非常事態宣言を合計21都道府県に拡大しようとしています