Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

攻撃が増加する中、日本はクマ狩猟法の緩和を望んでいる

攻撃が増加する中、日本はクマ狩猟法の緩和を望んでいる

画像ソース、 良い写真

画像のキャプション、 現在、日本ではヒグマの数が侵入性の低いツキノワグマを上回っていると考えられています。

  • 著者、 アナベル・リャン&中山千佳
  • ストック、 BBCニュース、シンガポールと東京

クマによる襲撃の驚くべき増加に直面して、日本は住宅地でのクマの射殺を容易にしたいと考えているが、狩猟者らはそれは危険すぎると主張している。

4月までの1年間で、同国では219件のクマによる襲撃が記録され、そのうち6件が死亡した。 公式データによると。

日本の高齢化と人口減少により、特に都市部の郊外でクマの個体数が再び増加しています。 通常、傷害は致命的ではありませんが、その結果は致命的です。

現在の法律では、狩猟免許を持つ者は警察官の許可を得た場合にのみ銃を発砲することができる。

政府は次の国会で武器の自由使用を認める法改正を計画している。 たとえば、クマが建物に侵入する際に人的被害の危険がある場合、狩猟者はクマを撃つことが許可されます。

しかしハンターたちは警戒している。 北海道猟友会の斉藤聡常務理事は「クマとの遭遇は非常に恐ろしく、非常に危険だ」と話す。

「クマの動きを止める重要なポイントを逃すと、クマは逃げ出して他の人を攻撃する可能性があります」と彼は付け加えた。 「人に当たったら誰が責任を取るの?」

北海道は、日本で深刻化するクマ問題の典型的な例となっている。

この国最北端の大きな島は依然として人口がまばらだが、政府のデータによると、クマの個体数は1990年以来2倍以上に増加している。 ツキノワグマよりも攻撃性が高いことで知られるヒグマは現在約1万2000頭いるが、専門家らは日本には約1万頭いると推定している。

地方自治体はクマを撃退するためにさまざまな戦略を試みている。

北海道奈井江市は、市街を巡回し、罠を仕掛け、必要に応じて動物を殺す狩猟者を1日1万300円(64ドル、50ポンド)で雇おうとしている。

しかし、引き取り手はほとんどいない。これはリスクの高い仕事であり、給料は魅力的ではなく、密猟者の多くは高齢である。

地元の72歳の狩猟者は、ヒグマとの遭遇を「米軍特殊部隊との戦闘」に喩え、「クマに遭遇すると命が危うくなる。苦労する価値はないからだ」と朝日新聞に語った。

5月、秋田県北部でクマに襲われ、森林から遺体を回収しようとしていた警察官2人がクマに襲われ重傷を負った。

地元自治体職員の近藤真美さんは「クマは人間の存在を認識しており、食料を求めて人を襲ったり、人間を食料と認識したりする」と話す。

「同じクマが一連の事件を引き起こす危険性が高い」。

クマの数が増加するにつれて、より多くのクマが山地から人間の生息地に近い平地に移動します。 時間が経つにつれて、彼らは人間の光景や音に慣れ、恐怖を感じなくなります。

若者が大都市に移動するにつれて人が減り、都市全体がほとんど空っぽになっています。 クマは人間に遭遇すると凶暴化します。

日本のピチョ野生生物研究センターのタナカ・ジュンベ氏は、都市部に侵入したクマはパニックに陥る可能性があると言う。

画像ソース、 良い写真

画像のキャプション、 現在、ハンターが住宅地でクマを撃つには警察の許可が必要である

クマの目撃や事件は通常、冬眠から目覚めて餌を探す4月に発生し、その後、冬に備えて脂肪を蓄えるために食事をする9月と10月に再び発生します。

しかし、クマの最大の食料源であるドングリの収量が気候変動により減少する中、クマの動きはますます予測不可能になっている。

田中氏は「法改正はやむを得ないが、あくまで緊急時の応急処置だ」と述べた。

同氏は、動物を捕まえて殺すことは前進する道ではないと付け加えた。 その代わり、政府はクマが過度の移動を強いられないよう、クマの生息地を保護すべきである。

「長期的には、森林生態系を変革し、より生物多様性の高い森林を作り出す国家政策を実施する必要がある。」

同氏は、政府は住宅地に迷い込んだクマの責任の所在を地方自治体か狩猟者か明確にすべきだと述べた。

「単純に言えば、緊急事態に対応する政府の狩猟者のような、十分に訓練された狙撃兵がいるはずだが、現在日本にはそのような仕事はない。」

斉藤氏によると、人口の少ない地域でクマを殺すことに慣れている狩猟者にとって、住宅地はまったく異なる風景だという。

「私たちが撃たなかったら、人々は私たちを批判して、『銃を持っているのになぜ撃たなかったのか』と言うだろう。」

「おそらく普通のサラリーマンであるハンターにその判断を求めるのは不公平だと思います。」

READ  最終ガイド:オーストラリアと日本