Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

政府、日本企業にPHへの進出を促す

政府、日本企業にPHへの進出を促す

政府経済チームは日本の大手製造業に対し、フィリピンでの事業拡大を奨励している。

ラルフ・レクト財務長官は金曜日、フィリピン代表団を率いて来日し、日本の大手製造業のフィリピン進出を奨励し、同国の経済は成長していると強調した。

「まず第一に、フィリピンは繁栄しており、タイガー経済の素質をすべて備えている。このため、フィリピンは日本の投資家にとって最も戦略的な安全な避難先となっている」とレクト氏は金曜、東京で開催されたフィリピン経済会議での講演で述べた。

標的となった企業の中には、セブ、バターン、バタンガスの工場で機械部品や電子部品を製造していることで知られるミネベアミツミ社も含まれる。 同社の製品はモバイル機器、自動車、医療機器などに使用されています。

一方、高品質のタイヤと工業製品で知られる横浜ゴム株式会社は、ヨコハマ タイヤ セールス フィリピン (YTPI) およびヨコハマ タイヤ セールス フィリピン (YTPI) を通じてフィリピンで広く事業を展開しており、クラーク フリーポートに本社を置いています。ゾーン。 パンパンガ州で。



経済チームは太平洋セメントの国内展開も奨励した。 セメントおよび建材業界の世界的企業であり、太平洋セメントフィリピン社を通じてセブ島で工場を運営しています。

これに先立ち、代表団は双日株式会社、三菱商事株式会社、村田製作所など他の日本の大手企業とも会談した。

レクト氏は、東京ではアミナ・パンガンダマン予算長官、アルセニオ・バリサカン国家経済開発局事務総長、アルフレッド・パスクアル貿易長官など他のフィリピン政府関係者らも出席した。

在日フィリピン大使館代表のミレーネ・ガルシア・アルバーノ大使も出席した。

READ  2023年に市場を混乱させる可能性のあるリスクは何ですか?