Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

政府がガイドラインを緩和した後、日本のマスク販売は約30%減少しました:東芝の分析

政府がガイドラインを緩和した後、日本のマスク販売は約30%減少しました:東芝の分析





(ゲッティイメージズ)

東京—東芝の分析によると、日本政府が3月にマスクガイドラインを緩和して以来、全国のフェイスマスクの小売売上高は30%近く減少している.

新型コロナウイルスの感染拡大でマスク着用が当たり前になったが、徐々にマスクを手放す人が増えているようだ。

東芝は今年1~3月の電子レシートサービス利用者約120万人の購買データを分析。 このサービスにより、顧客は支払い時に携帯電話を提示すると、紙のレシートではなく、専用アプリで購入の詳細を取得できます。 3月末現在、417社13,619店舗で導入されています。

中央政府は 3 月 13 日に室内用マスクのオプション化を開始しました。 3月13日から19日までの週間マスク売上高は約623万円(4万6300ドル)だったが、3月20日からは451万円(3万3500ドル)に減少した. 26. 売上高は、1 月 23 日から 29 日の年間最高売上高の週に記録された約 700 万円 ($52,000) と比較して、約 36% 減少しました。

一方、化粧品の売上高は、2月6日に始まった2月10日と比較して、3月13日までの1週間で約407万円(30,200ドル)増加して1094万円(81,300ドル)となった. ガイドライン。

特に下地や口紅など、普段はマスクで覆われがちな顔のパーツの品揃えが増えています。 眉とアイメイクの売り上げは、パンデミックの間は高かったが、同じ週にわずかに減少した.

【中島昭宏】 マイニュース

READ  日本 - ロイターの「Tangen」が大手製造業のセンチメントを3か月連続で押し上げた