Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

政府がCOVIDガイドラインの緩和に取り組む中、マスクのない月曜日が日本にやってくる

東京(ロイター) – 東京ディズニーランドの笑顔と悲鳴は、月曜日にテーマパークと日本のほとんどが3年前のCOVID-19パンデミックを定義したフェイスマスク基準を緩和するため、より明白になる可能性があります.

ディズニー・パーク・オリエンタルランド(4661.T)、東日本旅客鉄道(9020.T)、映画館を運営する東宝(9602.T)は、月曜日から観客がマスクを着用しないことを認めている主要企業の1つである。政府の改訂ガイダンスが発表されました。 先月。

しかし、日本でのマスク使用の長い歴史と、花粉症の患者がここ数年で最悪の春の 1 つを持っている原因となった花粉の猛攻撃を考えると、急速な行動の変化はありそうにありません.

「マスクを着用することは、COVID-19以前から私たちの文化の一部でした」と、日本のコロナウイルス対応の設計者である東北大学教授の押谷仁氏は述べた. 「規制が緩和されても、多くの人がマスクを着用すると思います。」

最新のアップデート

さらに 2 件のストーリーを表示

日本は、カバー材に関する公式ガイダンスを緩和した最後の主要経済国の 1 つであり、その使用を管理する厳しい規制や罰則がなくても、カバー材の使用は全国的にほぼ普遍的でした。

韓国は1月にほとんどの屋内マスク要件を回復しましたが、シンガポールは先月公共交通機関での裸の顔の使用を許可しました. 米国と英国は、昨年初めにほとんどのマスクの義務付けを一時停止しました。

日本はすでにマスクに関する基準を緩和しており、議会でのマスクなしでのスピーチを許可し、学校が今月の開会式でマスクを必要とするかどうかを決定できるようにしています.

政府の松野弘和首席報道官は先週、月曜日から始まる閣議でマスクはもはや必要ではなく、カバーに関する決定は個々の職場に委ねられると述べた.

小池百合子東京都知事は記者会見で、「今日から、マスクを着用することは誰にとってもありがたいことです。 「でも、今の時期は花粉症も大変厳しいので、着る理由は人それぞれだと思います」

日本のコロナウイルスワクチン接種率は80%以上で、1月初旬にピークを迎えた第8波の感染の後、症例は減少しています。

日本の健康専門家は、COVIDによる死亡者数が比較的少ないため、衛生と社会的距離の採用に加えて、マスクの広範な使用を指摘しています。

京都大学の西浦宏教授は、日本の疫病対策の専門家の中でも保守的な声を上げている人物の 1 人であり、公共交通機関やその他の場所での自主的なマスク着用は、感染を防ぐ上で継続的に有益である可能性があると述べています。

「私たちの毎日の習慣の一部として取り入れられた可能性があります」と彼は言いました. 「現時点での政府の決定は、その意図を台無しにしました。」

ロッキー・スウィフトによって準備されました。 ジェリー・ドイルによる編集

私たちの基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  アートを通じた会話