Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

政府の調査によると、日本の半数以上が転職に満足している

最近の政府の調査によると、転職した日本の人々の半数強が喜んでそうしました。

厚生労働省の調査によると、2019年10月1日から2020年9月30日までの間に切り替えを行った回答者のうち、53.4%が新しい仕事に満足していると答え、11.4%がそうではないと答えました。 今月進んでください。

調査には、5人以上の従業員がいる約17,000のオフィスから転職した約10,000人が含まれていました。

満足している労働者と不満を持っている労働者の間のギャップは42パーセントポイントであり、2015年の前回の調査の43パーセントポイントに近いものでした。

調査担当者は、「労働慣行改革により労働条件は改善し、人々は新しい仕事にやりがいを感じているようだ」と述べた。

日本の伝統的な生涯雇用、年功序列による昇進、新卒者の雇用という伝統的な労働慣行は徐々に衰退しつつあり、死を引き起こしたと非難されてきた悪名高い長時間労働を削減するための改革を実施している。

最新の調査では、転職後の男性の方が女性よりも幸せになる傾向があることも示されています。

男性の回答者の56.4%が満足を表明し、9.9%が不満を表明したのに対し、女性はそれぞれ49.3%と13.4%でした。

女性の不満は、仕事、労働時間、同僚との関係の点で男性よりも10パーセント以上高かった。

スイスに本拠を置くシンクタンクである世界経済フォーラムの報告によると、パートタイムで働く女性の割合は男性のほぼ2倍であり、日本人女性の平均所得は男性より43.7%低かった。

個人的な理由で転職した調査回答者の76.6%のうち、28.2%が転職の理由として賃金を除く労働条件を挙げた。

続いて、仕事に不満を持っている26%、低賃金だと思っている23.8%が続いた。

誤った情報と多くの情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

READ  NASAの忍耐力宇宙船は火星の土地の最も素晴らしい写真を撮ります