Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

政府は、日本のGDPが2021年にパンデミック前のレベルに戻ると予想しています。

政府は火曜日に、日本経済が今年後半にコロナウイルス以前のレベルに戻ると予測しており、国内のワクチン放出がさらに加速し、世界経済が力強く回復し、より早く回復することを期待している。

内閣府は、2021年度の実質GDPが前年度比3.7%増の546.0兆円と予想しており、1月の545.3兆円をわずかに上回っている。

政府は1月の推計で、日本経済は来年3月に終了する2021会計年度にパンデミック前のレベルに回復すると発表した。

政府高官は記者団に対し、2021年後半の日本のGDPは、回復のペースが加速するにつれて、2019年10月から12月に設定されたパンデミック前のレベルに達すると予想されていると語った。

関係者によると、2021年度のGDP成長率の推定値は前回の予測である4.0%よりも低かったが、達成された場合、1995年度に比較可能なデータが利用可能になって以来、3.7%の成長は依然として最速の拡大を表す。

関係者は、2020年度の4.6%の経済収縮(GDPの史上最悪の低下)が政府が以前に予測した5.2%の収縮よりも良かったため、2021年度の予測GDP成長率が下方修正されたと述べた。

構成要素別では、ワクチンの発売が進むにつれてサービス部門の支出が回復すると予想されるため、個人消費は2.8%増加し、世界経済の力強い回復に支えられて輸出は14.9%増加するとのことです。見積もり。

2022会計年度について、政府は経済が実質で2.2%成長すると予測しています。 この場合、日本のGDPは史上最高に達するだろうと当局者は語った。

政府は、名目上、またはインフレ調整なしで、日本経済は2021年度に3.1%、2022年度に2.5%拡大する可能性が高いと述べた。

この予測は、2022会計年度の予算案を作成する際の政府の税収を見積もるための基礎として使用されます。

誤った情報と多くの情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

READ  このソーシャルロボットは葬儀の裁判に墜落します。 それから彼女の日本人のマスターはコショウを「解放」しました