Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

政府はより多くの日本の投資家を誘致しようと動いている

政府はより多くの日本の投資家を誘致しようと動いている

ラルフ・レクト財務大臣。

スター/ファイル

マニラ、フィリピン – マルコス政権の経済チームは日本の投資家にフィリピンでの事業拡大を奨励している。

ラルフ・レクト財務長官が率いる経済管理者らは定期的にフィリピン経済ブリーフィング(PEB)を開催し、最新の経済発展、政府支出の優先順位、インフラ計画、国内の最近の改革についての洞察を提供している。

フィリピン代表団はすでに日本に来ており、PEBの前に多くの日本企業と会談した。

これらの企業には、ソギッツ株式会社、三菱商事株式会社、村田製作所株式会社、住友商事株式会社が含まれます。

レクト氏は、フィリピンは日本企業の技術的専門知識を活用して産業の発展と経済成長を刺激することを目指していると述べた。

例えば、東京に本拠を置く双日は、さまざまな製品の製造、販売、輸出入など、幅広いグローバルビジネスに取り組んでいます。

双日はフィリピンで商品取引と、農業、食品、電気通信、インフラ、不動産開発、自動車、鉱業におけるいくつかの投資プロジェクトを管理しています。

一方、三菱はプロジェクト開発、生産、製造を行う総合的なグローバル企業です。

三菱は現地で、インフラ開発や再生可能エネルギーだけでなく、さまざまな製品の輸出入や消費者市場活動も行っています。

村田製作所の本社は株式会社京都でセラミックベースのエレクトロニクスの研究、開発、製造、販売を専門としています。

バタンガスにある現地部門は同社のアジア最大の生産拠点であり、主に積層セラミックコンデンサを生産しています。

フィリピン経済チームはまた、製品・サービスの販売、輸出入、国内外の事業投資など多角的な事業活動を展開する住友商事とも会談した。

住友のフィリピンへの投資には、約150の製造業が拠点を置くバタンガスの第一フィリピン工業団地が含まれる。 住友は国内の主要鉄道プロジェクトも支援している。

READ  大きな解決策:中央銀行は緊急刺激を減らすために並んでいます