Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

政府は日本の次世代自動車市場で世界シェア30%の獲得を目指している。 企業間の連携、連携の鍵

政府は日本の次世代自動車市場で世界シェア30%の獲得を目指している。 企業間の連携、連携の鍵


読売新聞
政府車両のデジタル化戦略

政府が近く公表する予定の自動車産業デジタル化戦略草案によると、政府はソフトウェア・デファインド・ビークル(SDV)の世界市場における日本の自動車メーカーのシェアを2030年までに30%に高めることを目指している。

中国や米国企業が主導する日本経済の根幹である自動車産業の競争力強化を目指し、政府は地場自動車メーカーの成長を支援し、企業の枠を超えた協力・連携を促す。車両のデジタル化。

経済産業省と国土交通省はきょう未明に戦略を発表する。 政府が自動車販売シェアの目標を設定するのは初めて。

この戦略は、中国やその他の国での企業の台頭を考慮し、日本が長年得意としてきた自動車産業における世界中での競争激化を警告している。 同戦略では「日本の自動車メーカーは競争を超えて相互に協力し協力することが奨励されている」とし、具体的な協力分野として(1)ソフトウェア開発、(2)自動運転サービス、(3)データ活用の3分野を挙げている。

SDVは通信機能を搭載した車両で、インターネット接続によりアップデートすることで新機能の追加や性能向上が可能です。 SDVの定義は自動車メーカーによって異なりますが、戦略では駆動を含むアップグレード可能な制御システムを搭載した車両と定義しています。

この戦略では、2030 年までに世界中で 4,100 万台の SDV が使用されると推定されており、同年までに 1,200 万台の日本の SDV が世界中で走行できるようにすることを目指しています。

この戦略では、2035年までに世界で6,400万台のSDVが販売されると予想しており、日本の自動車メーカーの合計シェアを30%に維持することを目指している。

現在、日本の自動車メーカーはガソリン車を含めた世界の自動車市場で3割のシェアを持っているが、電気自動車市場でのシェアは数%に過ぎないといわれている。 SDVの大部分が電動化されることを考慮すると、ハイブリッドは日本の自動車メーカーの専門分野であるため、この戦略はハイブリッドSDVの生産を増やすことも目的としている。

ソフトウェア開発におけるコラボレーションは、戦略を達成するための鍵となります。 トヨタ自動車、ホンダ、日産自動車はソフトとシステムをつなぐプラットフォームを統一するため、2025年度をメドに提携を始めることを検討している。 この戦略を実現することで、さまざまな自動車メーカーの部品やソフトウェアを企業間で導入できるようになり、開発効率の向上につながります。 両社は、車載用先進半導体などの共同開発も加速する。

自動運転サービスを巡っては、政府が自動運転トラックの運行を目的とした新たな合弁会社の設立を検討している。 この措置は、トラック運転手不足が予想される、いわゆる「2024年の物流問題」に対処することを目的としており、新会社の自動運転車が主要な商業中心地間の移動に使用されることを想定している。 政府は2024年度に新富高速道路の一部で自動運転専用車線を整備する計画だ。

政府は企業間のデータ利活用を促進するため、自動車の製造、使用、廃棄に関するデータを共有する仕組みを2025年度に構築する。被災地や半導体など自動車部品のサプライチェーンの情報も共有する方針だ。 。 この戦略には、経済省主導で高度人材を育成する新たな組織を設立する計画も盛り込まれている。

自動車産業の出荷額は交換部品も含めて年間70兆円に達し、日本の製造業出荷額の2割を占めています。 この産業は年間15兆円の貿易黒字を生み出し、約550万人の雇用を創出していると言われている。

READ  投資家がインフレ期待を重視する中、米国株は上昇