Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

政府は4月の経済見通しを据え置く

政府は4月の経済見通しを据え置く

読売新聞資料写真
5月22日、東京都千代田区の霞が関内閣府。

東京(時事通信) – 政府は、火曜日に発表された月次報告で、中核となる経済評価を据え置いた。

内閣府が作成した4月の報告書は、「日本経済は、いくつかの弱さが現れているものの、緩やかに回復している」と述べた。

報告書は、個人消費が「緩やかに上昇している」と述べた。 内閣府によると、商品への支出は依然として弱いものの、レストランやバーを含むサービスへの支出の増加により、個人消費全体が押し上げられています。

内閣府によると、昨年の物価上昇で落ち込んだ消費意欲は、賃金の上昇と社会経済活動の正常化により回復し始めている。

4月の報告書で、政府は2022年7月以来初めて輸入の評価を修正し、セクターは基本的に横ばいと述べた。 3 月のレポートによると、輸入は弱かった。

経済の他のすべてのセクターに対する政府の評価は、わずかな文言の調整を除いて変更されていません。

政府は、日本経済の下振れリスクとして、金利の引き上げと金融市場のボラティリティに続く海外経済の減速を再び挙げました。

READ  燃料危機:英国のビジネス大臣は、150人の兵士が数日以内にタンカーを率いるために動員されたと言います-Mubasher | 仕事