Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

政府助成金詐欺で有罪判決を受けた2人の元日本人職員



この2019年2月2日のファイル写真は、東京の日本の経済産業省を示しています。 (ミニチ)

東京(京都)-コロナウイルスの発生の影響を受けた企業を支援するために、2人の元産業省当局者が火曜日に約1550万円(136,000ドル)の家賃補助金やその他の利益を使い込んだ罪で有罪判決を受けた。

東京地方裁判所は、29歳のさくら誠に懲役30か月、荒井裕道さん(28)は「国民の信頼を裏切った」として2年の懲役と4年の禁固刑を言い渡した。

判決によると、昨年12月から1月にかけて、設立した2社の偽造企業に対して、不正に1150万円の事務所賃貸補助金を受け取った。

昨年5月から6月にかけて、400万円の譲歩を騙した。 夫婦は起訴に対して有罪を認めた。

朝坂裁判長は、「エピデミックの影響を受けた中小企業を支援するための重要な政策をとったことに対して、彼らは強い批判に値する」と評決を下したことで2人を賞賛した。

検察は、櫻井容疑者が詐欺の主犯であると述べたが、彼の弁護士は、捜査は有益であり、櫻井容疑者は「公然と責任を負っている」と主張した。

しかし、新井弁護士は、さくらの指示を否定することはできず、犯罪に積極的に関与していないと述べた。

浅香は、櫻井が主役であり、新井の罪は「櫻井がいなければ、新井は罠にかけられなかっただろう」と結論付けた。

同省の中小企業機関は、コロナウイルスの流行により売上が減少した個人所有者や中小企業を支援する助成金および給付金プログラムを担当しました。

新井氏はまた、櫻井省の産業財務部門とその企業システム部門で働いていた。 彼らは会社で働いたことはありません。

READ  ソビエト連邦は1972年に日本と中国の間の島の線を終わらせました