Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

政策立案者は、より高い燃料が日本のインフレを日銀の2%の目標に近づける可能性があると述べています

中央銀行は、地政学的リスクがエネルギー価格を上昇させるため、日本の消費者物価上昇率は、中央銀行の危険な2%目標に一時的に近づく可能性があると述べた。

しかし、日銀の取締役である中川順子氏は、金融政策を非常に幅広く維持するという銀行の決意を繰り返し、そのような物価上昇が持続可能であるためには、賃金はインフレとともに上昇しなければならないと強調した。

中川氏はスピーチで、「今のところ、主にエネルギー、食品、工業製品に対するインフレ圧力は引き続き強いだろう」と述べ、コア消費者物価の年間成長率は「一時的に2%近く上昇する可能性がある」と付け加えた。

「それが起こったとしても、重要なのは(価格を押し上げる)要因を精査することと、日本の経済ファンダメンタルズがそのような値上げを持続可能にするのに十分強いかどうかである」と彼女は言った。

日本の卸売物価は原材料費の高騰により上昇しましたが、1月のコア消費者インフレ率は家計支出の低迷と賃金の伸びにより0.2%となりました。

しかし、多くのアナリストは、携帯電話料金の引き下げによる抵抗がなくなり、石油コストの上昇がガソリンと電気料金を押し上げるため、コア消費者インフレが来月から日本銀行の目標である2%に向かって上昇すると予想しています。

中川氏は、より多くの企業が原材料や人件費の高騰を消費者に転嫁しているようだと述べ、日本銀行はそのような動きを当初の予想よりも加速させる可能性のあるリスクを認識すべきだと付け加えた。

中川氏のコメントは、日本銀行が4月の四半期予測の修正でインフレ予測を更新する可能性を高めています。 現在の予測では、コア消費者インフレは4月から始まる会計年度に1.1%に達すると予想しています。

ロシアがウクライナに侵攻して以来、日銀の政策立案者が行った最初のスピーチで、中川氏は、COVID-19のパンデミックの影響が弱まるにつれて、強い外需と消費の回復が見込まれるため、日本経済は回復し続けると述べた。

ウクライナの緊張が高まっているため、世界の金融市場は依然として緊張しています。 「私たちは開発の変化を注意深く監視しています」と彼女は言いました。

日本は燃料と食料の輸入に大きく依存しているため、経済は商品価格の上昇に対して脆弱であり、パンデミックが成長に与える影響をすでに懸念している政策立案者にとっては問題があります。

日本のインフレ率は比較的低く、回復は脆弱であるため、黒田東彦日銀総裁は、FRBが米連邦準備制度理事会の足跡をたどって政策を引き締めるつもりはないと繰り返し述べています。

誤った情報と多くの情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読

フォトギャラリー(クリックして拡大)

READ  アスコット・レジデンス・トラストが国内の賃貸住宅3物件を67億8000万円で買収、企業・市場ニュースとトップニュース