Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

教皇、聖金曜日の行列を欠席し、復活祭前夜のミサを主宰教皇フランシスコ

教皇、聖金曜日の行列を欠席し、復活祭前夜のミサを主宰教皇フランシスコ

ローマ教皇フランシスコは、健康上の予防策としてコロッセオでの聖金曜日の行列への参加を直前に決定した翌日、土曜日の夕方、バチカンで厳粛な復活祭ミサを主宰した。

フランシスコは車椅子で暗くて静まり返ったサン・ピエトロ大聖堂に入り、椅子に座って開会の祈りをささげた。やや混雑して息を切らしている様子だった。

バチカンによると、フランシスコは通常約2時間続く土曜日の夜の通夜ミサと数時間後の復活祭ミサに参加できるよう、聖金曜日の行列を欠席した。

87歳の法王は若い頃に肺の一部を切除され、冬の間ずっと呼吸器疾患に悩まされ、長時間話すことが困難になっていた。 同氏とバチカンは、気管支炎、風邪、またはインフルエンザに苦しんでいると述べた。

フランシスコはいくつかの会議をキャンセルし、しばしば側近の一人に演説の一部を朗読するよう依頼した。 しかし、同氏が先週のパームサンデーでの説教を放棄し、コロッセオでの十字架の道行きの行列を先導しないことを決めたことで、警鐘が鳴らされた。

バチカンは簡単な説明の中で、この決定は「健康を守るため」に行われたと述べた。

フランシスコは気管支炎から回復中のため、昨年の寒い聖金曜日の行列にも欠席したが、今年の突然の欠席は、フランシスコの健康上の問題がバチカンでの主要な典礼行事にさえ影響を与えたことを浮き彫りにした。

フランシスさんは昨年末、医師の指示により、数日しか残されていなかったドバイへの旅行をキャンセルした。

呼吸器疾患に加え、フランシスさんは2021年に大腸の一部を切除し、過去1年で2回入院しており、その1回は憩室、つまり腸壁の隆起を治療するための以前の手術による腸の瘢痕組織を除去するためだった。 彼はまた、膝の靭帯の損傷により、約 2 年間車椅子または杖を使用しています。

以前のニュースレター プロモーションをスキップする

最近出版された回想録『人生:歴史を通じた私の物語』の中でフランシス氏は、辞任しなければならないほどの健康上の問題は抱えておらず、まだ「達成すべきプロジェクトはたくさんある」と述べた。

READ  イスラエルとガザの間の戦争: 戦争が 5 か月に近づく中、ガザ人の生活の 1 日をたどる