Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

文書の損傷に関与した故日本の公務員の妻は完全な真実を要求しています



2021年5月6日、大阪市北区で、公文書の破損を余儀なくされた後、自殺した故安垣敏夫氏の妻である赤木正子氏が発見された。 「あがきファイル」と言うものすべての存在。 (毎日/望木りおち)

大阪発-亡くなった政府高官の妻は、日本政府を「前向き」と称賛し、初めて決定を認め、疑わしい政府の土地売却登録医師を取り巻く出来事を説明する文書を発表した。

しかし、安堵感にもかかわらず、彼女は夫が自分の命を奪う前に作成したとされる文書の完全な公開を要求している。

「夫が最後まで苦しみながら去ったことを知って安心しました」と、50歳の赤木正子さんは手紙を提出した後、亡くなった夫の書類に応えて5月6日の夜にメディアに語った。 。

「赤木ファイル」と呼ばれる文書は、後に財務省の王地方局の従業員である赤木敏夫によって作成されました。 54歳の彼は、ナショナリストの学校運営者であるモリドモ・コケンが国有財産の大規模な放棄を承認する損害を与える省文書に従事することを余儀なくされたと主張して、自分の命を奪った。

2017年2月にシャドウトランザクションが発生した直後、ToshioはMasakoがファイルを持っていると指摘しました。 彼によると、彼は今まで見たことのない真面目な表情で彼女を見て、「私は恐ろしいことをしなければならなかった。犯罪を含むすべてを(ファイルに)保存した」と言った。

公式記録を傷つけた利夫は、2018年3月に自宅で自殺した。 彼の死後に見つかったメモは、「私は公共の場で事実を適切に説明することはできません」と読んで、彼の相反する感情にアドバイスを提供しました。

夫との会話と元雇用主の証言に基づいて、マサコは文書が存在すると信じていました。 何をすべきか、どのように抵抗したか、そして誰が彼を悩ませたかを知るために、失恋したマサコは事件を法廷に持ち込み、亡くなった夫の「公の場で真実を語る」という願いを叶えました。 彼は政府に文書の公開を要求した。

政府は書面による回答の中で、ファイルには財務省の財務局とKingi地方財務局の間で交換された電子メールとリンクとしてマークされた文書が含まれていることを明らかにしました。



言及されたすべての「赤木ファイル」の存在を認める文書は、2021年5月6日に大阪の北区で見つかりました。 (毎日/望木りおち)

マサコ氏は、「政府に夫の気持ちを考慮し、関連するすべての文書を公開してほしい。決して夫を捨てないようにしたい」と語った。

彼のスポークスマンは、弁護士が真実が明らかになることを望んでいると述べ、「電子メールが保存されていることを知って驚いた。これらの文書が開示された場合、文書がどのように損傷する可能性があるかについての詳細な情報が出てくるかもしれない」と付け加えた。

(日本のオリジナル松本志保と柴村由美、大阪シティプレス)

READ  エレクトロルートがソーラーバランス契約で日本に参入-更新