Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

新しいロード・オブ・ザ・リングの権利所有者は、将来のプロジェクトをからかっています

新しいロード・オブ・ザ・リングの権利所有者は、将来のプロジェクトをからかっています

ロード オブ ザ リングはフランチャイズの大国であり、さらに大きくなろうとしています。 Amazon の The Lord of The Rings: The Rings of Power シリーズの成功により、Middle Earth Enterprises の新しい所有者は、今週初めのプレゼンテーションで、彼らが計画していることの最初のヒントを与えました.

Middle Earth Enterprises は、JRR Tolkien の他のタイトルやキャラクターの中でロード オブ ザ リングを所有する会社であり、スウェーデンの Embracer は、テレビや映画を超えて、ゲームやテーマ パークのアトラクションに飛び込もうとしています。 によると 多様CEO の Lars Wingfors は具体的な詳細には触れませんでしたが、彼が「世界をリードするファンタジー IP」と表現するものを開発する最善の方法について、他の映画会社やビジネス パートナーと相談していることを明らかにしました。

エンブレイサー・グループはミドルアース・エンタープライズを元オーナーのソール・ゼインツ社から未公開の金額で買収した。 10月中。 ウィンゲフォースは、フランチャイズの権利を2か月しか持っていなかったが、詳細は謎のままにしていたが、初日から計画を立てていたと説明した.

「私たちは見解をとります [of] 長期的展望: 他の利害関係者と協力して、世界をリードする未来のファンタジー知的財産をどのように開発できるか? ゲーム [is] その一部。 しかし、具体的な計画に色を付けるのは時期尚早です。 私たちはまだオープンだと思います…それに貢献します。 疑う [there’s] このIPに関連したゲーム以外のメディアについての興味深い会話も。 しかし、残念ながら、私はあなたに言わなければなりません: 将来を見据えてください.

過去 1 年間、Embracer は買収を繰り返してきました。 最近では、90 年代の The Mask や Stranger Things コミックなどのタイトルを発行した Dark Horse Comics など、エンターテインメントで最も人気のある IP をいくつか取り上げています。 彼らはまた、昨年11月に、アニメ、音楽、商品などの日本のエンターテインメントの英国を拠点とするディストリビューターであるAnime Ltdを買収しました.

ここで取り上げる製品は、編集者が個別に選択したものです。 当社のサイトで紹介されているものを購入すると、GameSpot が収益の一部を受け取る場合があります。

READ  サラソタマナティーの芸術イベントトップ10:6月24〜30日