Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

新しい人生を探しています:GeorgeNobecciによる写真撮影への道

当時、写真は暗い部屋で撮影され、フィルムネガが拡大されて一枚の紙が露出していました。 現像液が穏やかに液体を浸すまで、紙は空白になります。 徐々に、画像が表示されます。

このプロセスは、日系カナダ人の写真家、ジョージ・ノベチの人生を説明するための完璧なメタファーかもしれません。 ノベチは12年間、金融の世界で働き、株を取引し、ストレスの多い仕事を引き受け、彼の世界を空っぽにしました。 ある日、彼はオフィスを出て、まったく別の風呂に身を浸し、写真のキャリアを追求しました。 その時、彼の想像力は本当に成長し始めました。

現在41歳のノバチは、どうしても成功したアーティストです。 世界中の数々の賞や個展に加えて、彼の作品はデトロイトの現代写真センターとアリゾナ大学のクリエイティブ写真センターのコレクションで見つけることができます。 今月は東京アメリカンクラブで5月9日まで開催される「東風西風」展の対象となります。 一般の方はご利用いただけませんが、のばちではギャラリーへの入場を可能にする予約制を設けています。

写真家の作品をざっと見ただけでも、2つの考えが浮かびます。1つは広角レンズを使用することで境界線のような広がりを生み出し、もう1つは窓越しに見た場合でも揺るぎない焦点を持っていることです。 おおよその欠陥と悪い詳細が日本に侵入しているようです ヴァピサビ 美学。 のばちの表現を考えると、この二重性は驚くべきことではありません。

ノベチは、ニューヨークのジュリアートスクールで音楽の訓練を受けたカナダ人ビジネスマンと日本人の母親の息子である東京で幼少期を過ごしました。 彼女は多くの旅行や美術展を訪れた母方の祖父と一緒に文化的な育成を楽しんだ。 彼は、コンタックスが35mmカメラを持っていて、家族の写真を撮ったことを思い出しました。 しかし、彼の最も強い視覚的記憶の1つは、東京タワーを見ていることです。東京タワーは、寝室の窓から白いライトといくつかの真っ赤なライトで燃え尽きています。

「カーテンを開けて眠りについた。夜の東京の街並みからの静けさをなんとか安心させた」と彼は振り返る。

「鈴木大拙美術館(鈴木大拙美術館)で歩く、走る、ジャンプする」(2018)| ©GeorgeNobecci

ノベチが11歳のとき、彼の家族はアルバータ州エドモントンに引っ越しました。そこでは文化的トラウマが顕著でした。 当時、エドモントンで、ノベッチは「すべてのアジア人は 『東の人々』と見なされていた」と回想した。 田園風景も登場しました。 「摂氏と華氏の両方の交差点である、氷点下40度でした。学校に歩いて行くときに、まぶたと鼻が凍る温度でした」とNobechi氏は言います。

悪天候にもかかわらず、ノバッハはエドモントンを賞賛して育ちました。エドモントンは長年バンクーバーに引っ越し、帰りたがっていました。 父親が突然亡くなったとき、彼は19歳でした。 彼は母と妹が立ち直るのを手伝い、歴史と国際関係を卒業した後、東京に戻って金融業界に参入しました。

のべちは12年間、東京の金融界で働き、その後ウォール街で働きました。 そして、2014年のある夜、ブルックリンのブリッジパークで開催された野外写真フェスティバル、フォトビルに若い写真家の輪を持って座っているノバチを見た。 彼が街の明かりの下にいて、彼らの技術に専念している人々と一緒にいた瞬間についての何かが彼に別の未来を見るように促しました。 彼は仕事を辞め、持ち物を保管し、ネブラスカ州のブレットエリクソンと一緒にニューメキシコ州サンタフェに旅行して、最初の本格的な写真撮影のクラス「アメリカ西部のビジョン」を受講しました。

エリクソンは彼の静かな学生にメリットを見出しました。おそらく、ノベチの勇敢なカウボーイが真ん中で馬を回そうとしていることを賞賛し、サム・アベルを紹介しました。 ナショナルジオグラフィック誌で有名な生命と光の構築に取り組んだことで知られるアベルは、ノベッチを彼のカテゴリーに分類し、2人は今日まで友人であり続けています。

「私たちはすぐにそれを破り、2015年3月の彼とのワークショップの終わりに、彼は私が以前のキャリアやキャリアから遠く離れた写真のキャリアを本当に追求したいのなら、彼は私を助けてくれるだろうと私に言いました。誰かがそのような機会を与えられていません。

ノベチは彼のメンターの影響を認め、ノベチの作品を注意深く見ています。特に、彼のゴーストシリーズ「Here、Still(Unmorded)」と、2020年のパリス写真賞を受賞したシリーズ「JapaneseFisheries」を窓越しに見ています。 フレーミングは、空間感度と深い沈黙に同様の焦点を当てています。 ノベチは、アベルと一緒に過ごしてから2017年に日本に帰国するまで、約1,000日を旅し、世界中をさまよって3年間東京に戻り、再び北に向かってカルザワの長曽の広い地域に向かいました。 州。 そこでは、自分の作品を印刷したり、写真撮影のクラスを開いたり、近くの火山の周りの森を散歩したりするスペースがありました。

「私が出会う隣人はキツネと カモシカ (零式艦上戦闘機)とたくさんの野鳥。「でも、コーヒーを飲みに会いたいなら、70分で丸ノ地に着くことができます。これは世界でも珍しい場所です。私は完全に変わるつもりです。

「木から降る雪の瞬間」明治神宮、東京(2018)|  ©GeorgeNobecci
「木から降る雪の瞬間」明治神宮、東京(2018)| ©GeorgeNobecci

ノバチは、おそらく彼自身の芸術への道を思い出して、新しい写真家や将来の写真家をすぐに刺激しますが、ほとんどの地元の人々がよりまともなカメラを持っていると、卓越性への挑戦が増えることを認めています。

「デジタルカメラの参入障壁は非常に低いと思います」と野八は現代写真について語っています。 「ほとんどのカメラを自動モードに設定することもできます。 彼らはあなたのために時間の90%を設定し、あなたはより効率的なイメージを達成するでしょう。 しかし同時に、独立した作品を作ることは非常に難しくなっていると思います。 結局のところ、それは「最も好きになる人/彼/彼女が勝つ」だけではなく、それらのイメージが私たちの記憶から消えていくとき、どのような独創的なアイデアが残っているのか。

画像の操作と編集は、のべちが避けていることであり(ただし、必ずしも必見ではありません)、後処理の大ファンではありません。

「写真を撮るとき、比喩的に考えると、視覚詩を完成させるのに何が必要かを想像します…そして、できるだけそれに近い写真を撮ります」と彼は言います。 「それで、私が追加の変更を加えるために戻ってきたとき、私のソースネガティブにあるものは、その時に見たものに非常に近いです。いくつかの小さな変更とそれは準備ができています。

彼が真面目な写真家に提供する最も重要なアドバイスを求められたとき、彼は自分の「声」を見つけること、あなたに正直な意見を与えるためにあなたが信頼する10人を探すこと、そして最後にあなたのファイルKonMariについて話します。

「ストリートフォトグラファーのGaryVinograndは、20万枚以上の未開発の写真で亡くなりました」と、Nobecci氏は言います。少なくとも、手付かずのアーカイブが数千、数十万にならないように、明らかな「間違い」を最小限に抑えるようにしてください。

ご予約は東京アメリカンクラブのノベッチまでご連絡ください。 reserva.be/georgenobechi

誤った情報と過剰な情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックしてズーム)

READ  調査によると、日本の放送局の70%には女性幹部がいない。