Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

新型コロナウイルスの影響で日本経済は2020年に4.8%縮小

新型コロナウイルスの影響で日本経済は2020年に4.8%縮小

画像ソース、 ゲッティイメージズ

日本経済は2020年第4四半期に回復したが、同年のマイナス成長を防ぐには十分ではなかった。

経済は10月から12月にかけて2019年の同時期と比較して3%成長し、予想を上回った。

しかし、経済成長率が5.3%だった前四半期に比べて成長率は大幅に鈍化した。

日本経済は通年で4.8%縮小し、2009年以来初めての縮小となった。

この成長率の数字は、日本の日経平均株価が一時、1990年以来初めて3万円に達したことを受けて発表された。

世界第3位の経済大国は、世界的なパンデミックが国内消費と輸出に打撃を与えたため、4月から6月にかけて戦後最悪の四半期マイナスに見舞われた。

しかし、日本経済の主な原動力である消費と輸出も、今年下半期の回復につながりました。

経済の半分以上を占める個人消費は2020年最終四半期に2.2%増加し、前四半期の5.1%増加から鈍化した。

第 3 四半期と第 4 四半期の力強い世界経済成長も、日本企業の海外での製品販売を促進しました。

年間成長率(当四半期の成長が年間を通じて維持されると仮定した場合)は 12.7% であり、日本が力強く急速な回復軌道に乗っている可能性があることを示しています。

動画解説、

東京の有名な歌舞伎座が過去5か月間休館中

しかし、成長は依然として脆弱であり、コロナウイルスの新たな波を抑制することを目的とした規制によって妨げられる可能性がある。

しんきん中央銀行リサーチのチーフエコノミスト、角田巧氏は、日本はワクチン配布で欧米諸国に遅れをとっているため、回復は困難に直面すると予想している。

同氏はロイターに対し、「状況により日本は第1・四半期のマイナス成長を回避できない」と語った。

「今年は新型コロナウイルスの感染拡大と封じ込めが繰り返される可能性が高く、これは消費が予想されたペースで回復する可能性は低いことを意味する」と述べた。

12月、政府は世界第2位の経済大国を景気後退から脱却させることを目的とした新たな刺激策を発表した。

73.6兆円(7,080億ドル、5,300億ポンド)の政策により、日本の景気刺激支出総額は約3兆ドルとなった。

READ  バンガバンドゥは日本をアイドルと見なし、戦争で荒廃した経済の回復について考えました。大臣