Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

新年の地震で大きな被害を受けた日本の一部地域では、一部の学校が再開され、ゴミ収集も再開されている

新年の地震で大きな被害を受けた日本の一部地域では、一部の学校が再開され、ゴミ収集も再開されている

東京 (AP通信) — 致命的な事件から2週間 元旦に東北地方を地震が襲った 能登では、月曜日から一部の学校が再開され、限定的なゴミ収集も再開され、珍しく希望に満ちた兆しが見られた。

1月1日に発生したマグニチュード7.6の地震では、少なくとも222人が死亡、数千人が負傷した。 今も20人以上が行方不明となっている。

月曜日に連邦政府と石川県が発表した災害データによると、約2万人(そのほとんどが家屋が損壊または破壊された)が、約400の学校体育館や公民館、その他の仮設施設に避難している。

輪島市や能登市など最も被害の大きかった町の一部の約20の小中高校で月曜日に授業が再開され、多くの生徒が戻ってきたが、地震で大きな被害を受けた家庭など一部は戻らなかった。

能登半島の北海岸、輪島市の鹿島小学校の宮下恵子校長は、同校児童に「無事に帰ってきてとてもうれしい。

州内のほとんどの学校は再開したが、約50校が地震被害のため無期限休校のままだ。 能登市の宇出津小学校では月曜日、子どもたちが1時間集まりました。 来週から授業が全面的に再開されます。

ナノシティを通るローカル鉄道の区間も月曜日に再開した。

輪島町では地震以来初めてゴミ収集員が出動し、健康危機への不安を募らせていた多くの人々を安心させた。

しかし、多くの住民は水道も電気も通っていない状態が続いており、5万5000戸以上が水道、9100戸以上が電気が通っておらず、水道本管の修理には何か月もかかる可能性があると当局者は述べた。

岸田文雄首相の政権が批判されている 救援活動の遅れのほか、道路損傷や半島へのアクセスの悪さも非難されているが、一部の専門家は当局が当初の分析で地震被害の深刻さを過小評価していた可能性があると指摘している。

日曜日の同地域訪問中、岸田首相は1月初めに閣議で承認した47億円(約3200万ドル)の救済基金に加え、復興のためにさらに1000億円(69億ドル)を拠出すると約束した。

輪島市では、自宅が倒壊・損壊した人の避難所となっていた3中学校の生徒約400人のうち250人が、石川県南部の白山市の学校に一時移転して授業を続けている。

地震は地元の農業と漁業に大きな打撃を与えた。 同州の漁港69カ所のうち、58カ所が被害を受け、172隻の漁船が沈没または損傷した。

徳仁天皇は月曜日、警視庁創設150周年を記念する式典で、犠牲者とその家族に初めて公の場で哀悼の意を表した。

徳仁氏は東京警察を含む救援隊員の努力を称賛した。 天皇陛下はこれに先立ち、石川県知事にお見舞いのメッセージを送っていた。 地震の影響で1月2日に予定されていた新年の公のイベントをキャンセルして以来、月曜日の出演は今年初めてとなる。

READ  日本の輸出は2017年後半から毎月巨額の利益を上げています