Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日中の防衛大臣、衝突回避と信頼醸成のためホットライン開設

日中の防衛大臣、衝突回避と信頼醸成のためホットライン開設

日本と他の近隣諸国が中国政府を懸念している中、日本と中国の国防相は火曜日、信頼を醸成しコミュニケーションを改善するためのステップとして、待望のホットラインを開設した。 ますます積極的な軍事活動。

日本の防衛省によると、浜田泰和防衛相と中国の李長福防衛相は、3月31日に開設されて以来初めてホットラインを通じて20分間会談した。

両大臣は、ホットラインの運用開始を歓迎し、緊急事態を回避しながら両国間の信頼を醸成する上で、ホットラインを含む「海空連絡メカニズム」の重要性を強調した。

東京と北京 彼らは、日本の尖閣、中国の釣魚島として知られる、東シナ海の日本が占領する小さな島々をめぐる紛争に巻き込まれている。 中国は定期的に沿岸警備隊の船や航空機を島周辺の海域や空域に派遣して日本の船舶を攻撃し、日本軍にジェット機の緊急発進を強制している。

中国海軍も定期的に日本沿岸を旋回しており、時にはロシアとの共同軍事演習を行っており、これが日本政府を怒らせている。 そして日本は、中国政府が自国の領土だと主張し、必要なら武力併合も辞さない自治領台湾をめぐる緊張への懸念を強めている。

浜田氏は、島嶼問題など日中間の紛争に触れ、特に関係が良好でない場合には率直な意思疎通が必要だと述べた。

浜田氏と李氏はホットラインが適切に機能していることも確認し、それぞれの国防当局間の連絡を継続することで合意した。

ホットラインの構想は当初、2018年に当時の安倍晋三首相と李克強首相の間で、両軍間の偶発的な衝突を回避する方法として合意された。

READ  大きなオリンピックの丘で、ヨーロッパのスキージャンプの支配が脅かされました