Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日中危機関係は改善傾向にあるが課題に直面している

日中危機関係は改善傾向にあるが課題に直面している

したがって、最近確立された日本と中国の防衛当局者間のホットライン(両国国防大臣間の直接のチャネルを形成する)と、より広範な二国間コミュニケーションメカニズムは、両国間の危機コミュニケーションの改善に向けた重要な一歩として歓迎されるべきである。 東シナ海での紛争は紛争と激化の可能性を生み出します。 しかし、このメカニズムが、偶発的な紛争の防止や、予期せぬ出来事が軍事紛争や政治的、外交的問題に発展するのを防ぐなど、交渉されたリスクを排除したかどうかは明らかではない。

進捗状況の概要

このホットラインは日中海空連絡メカニズム(MACM)の一部であり、その起源は2007年4月に遡り、当時日本の安倍晋三首相と中国国務院首相の温家宝が防衛当局間での連絡メカニズムの創設に合意した。予期もせぬ出来事。 海での出来事。 その後、経営レベルで協議が行われ、2012年6月に共通の枠組みが合意されました。 しかし、日本政府の意向により交渉は中断された。 国有化 同年9月の尖閣諸島。

会談は2015年1月に再開され、数回のラウンドを経て、安倍首相は中国の李克強首相と会談し、様々な分野で様々な文書や覚書に署名し、その1つが2015年6月8日に運用開始されたMACMであった。

MACMは、日本と中国の間の相互理解と信頼を増進し、二国間防衛協力を促進し、予期せぬ紛争を回避し、海空における予期せぬ事態が軍事衝突や政治的・外交問題に発展するのを防ぐことを目的としている。 このメカニズムの主要な構成要素には、両国の安全保障当局者間の定期的な会合、日中安全保障当局者間のホットライン、日本の自衛隊(SDF)と中国人民解放軍の船舶と航空機間の視覚通信活動が含まれる。 人民解放軍)。

このメカニズムの実施後、両国の安全保障当局者間で会談が開催された。 ホットラインは2023年3月と2023年5月に設置されました 最初の電話が行われました 各国の国防大臣間で協議し、作戦を開始する。 自衛隊と人民解放軍の艦艇および航空機との接触に関しては、海上での予期せぬ遭遇に関する規範(CUES)、未宣言の衝突を回避するための特定の規範、および空中での遭遇を防止するための行動規則を定めた同規範の追加附属書が多国間で合意された。尽力。 それぞれ2014年と2015年に。 これらの取り組みは本質的に多面的ですが、MACM 内で活用されています。

現在、日中防衛相会談や両国防衛当局者間のその他の協議は、新型コロナウイルス感染症のパンデミック下でもテレビ会議を通じて行われている。 しかし、2019年以降、軍人や部隊間の異動は停止されている。

メカニズムが直面する課題

このメカニズムの本来の目的は、予期せぬ紛争を回避し、海や空での予期せぬ状況が軍事衝突や政治的、外交的問題に発展するのを防ぐことでした。 しかし、MACM の応用は、この機構の正式名称に記載されている「海上および航空」領域に限定されない可能性があります。 たとえば、MACM は安全保障上の協力や高官間の交流を改善するために使用できます。 2023年の日本の セキュリティに関するホワイトペーパー 「日本はまた、両国間の不測の事態を回避するため、ホットラインを含む日中防衛当局間の海空連絡メカニズムを利用する」と述べた。

以上を踏まえて、この仕組みの現状を分析すると、以下のような課題が見えてきます。

1. 日本と中国の治安当局間のホットラインは制服を着た兵士の間のものではない。

日本の防衛大臣は政治家であり中国軍の一員である。 海や空で予期せぬ事態が発生した場合、緊急連絡が不可欠であるという事実を考慮すると、前線の軍事状況をよく理解している軍関係者間のホットラインが望ましい。 日本と中国の最適な状況を考慮して、人民解放軍は軍の部門ごとに個別の武力行使者システムを設けるのではなく、戦域指揮に基づく武力行使者システムを採用した。 より現実的な選択肢は、それぞれの軍の最高幹部です。

2. 制服軍人間の交流は発展し​​なかった。

2019年には、人民解放軍海軍創立70周年記念観艦式への海上幕僚長の訪問、人民解放軍海軍艦艇の訪日に伴う交流、中国への訪問等の軍間交流が行われた。東の地域。 戦域司令部および中国のその他の場所で自衛隊の代表者が活動。 しかし4年が経過し、中国軍と日本軍の幹部は交代した。 したがって、信頼を構築し、コミュニケーションをとることが難しい場合があります。 幸いなことに、笹川平和財団が計画するトラック1.5交流である日中佐官交換プログラムが2023年に再開されることは、交流再開の前兆となるだろう。

3. 部隊間の交流が発展しなかった。

部隊間の交流は2019年の中国海軍艦艇来日以来実施されていない。 これまでの部隊間の交流を振り返ると、自衛隊艦艇による中国訪問は2回、日本訪問は3回となっている。 中国海軍の艦艇。 2010年に中国漁船と日本の巡視船が衝突した事故を理由に、中国は10年前に予定していた日本の練習船の訪問を中止した。 軍事部隊間の異動の主な利点は、複数の軍人間の異動が可能であることです。 日中両国の部隊の将来を担う幹部候補生同士が練習艦を利用して交流することは、将来の不測の事態による軍事衝突の防止に大きく貢献します。 そのため、実現されるかどうか期待が高まっている。

4. CUESを使用した部隊間の演習は実施されない

日中両国の第一線担当者が海や空で不測の事態が発生した場合の実際の手順を知らなければ、軍事衝突や政治・外交問題につながる可能性がある。 これを防ぐためには、日中の部隊間でのCUESを用いた具体的な訓練や、日中が参加する机上訓練の実施が必要である。

結論

MACM が効果的であるためには、政策立案者と最前線の職員、つまり日本と中国の政策立案者、政府機関、最前線の海軍艦艇や航空機が、不測の事態が軍事紛争にエスカレートするのを防ぐために必要な認識と知識を持っていなければなりません。 または政治的または外交的な問題。 したがって、日中両国は、政策側と第一線の職員との間のより良いコミュニケーションを目指し、制服兵士と第一線の職員との間の交流や演習を活用することによって、慣行と感情を早急に更新する必要がある。 日中両国、不測の事態で対立へ

川上泰弘は、笹川平和財団の安全保障研究プログラムの所長兼上級研究員です。 彼は海上自衛隊の退役少将です。

READ  日本の岸田首相のフェイク動画で、AIが誤った情報を広めるために利用されるのではないかとの懸念が高まっている