Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日仏合作アニメ映画『ゴーストキャットアンズ』ティーザーと予告編が公開、2024年7月公開

日仏合作アニメ映画『ゴーストキャットアンズ』ティーザーと予告編が公開、2024年7月公開

新作映画の2つのティーザーと予告編が公開されました 化け猫エンツォ』は、2024年7月に日本で劇場公開される予定で、TOHO NEXTが日仏合作の2D作品を配給している。

トレーラーでは、メインキャラクターと声優キャストメンバーが紹介されています。 森山未來 エンツォと 後藤ノア カレンみたいに。

アニメ映画の制作スタッフが登場 河野裕子 (ハンナとアリスの場合 ロトスコープアニメーション監督) 可動部のディレクターとして、 山下敦弘 実写監督として、 今岡信治 脚本家として。 シン・エ・アニメーション そしてフランスのスタジオ ミオプロダクション アニメーション制作はシンエイアニメーションがキャラクターの動きを、美遊プロダクションが背景や色彩を担当して共同制作しました。

この映画は、2023年6月にアヌシーアニメーションフェスティバルで制作中として上映された。GKIDSは昨年夏、この映画の北米版権利を取得した。

化け猫エンツォ に基づく 今城たかし2006年7月15日から2007年10月15日まで講談社のコミックボンボンで連載されたオリジナル漫画。2007年に講談社より単行本全1巻が発売された。

美優プロダクションは映画のあらすじを次のように説明している。

11歳のカレンは、日本の田舎の小さな町で僧侶である祖父の家に父親に預けられている。 彼女の祖父は、陽気で親切だが少々気難しい化け猫のエンツォに彼女の世話を頼んでいる。 彼らの強い個性の出会いは、少なくとも最初は火花を散らします…


ソース: モーニングマンガ公式Twitterアニメニュースネットワーク

READ  サンタローザのエキ・ショラが日本ツアーを決定