Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本、「健康を車輪で」というスローガンを掲げたトラック3台を保健省に納入(写真) – スリランカ・ミラー – 知る権利は変化する力である

日本、「健康を車輪で」というスローガンを掲げたトラック3台を保健省に納入(写真) – スリランカ・ミラー – 知る権利は変化する力である

水越英明駐日大使は5月6日、「健康運転車」トラック3台を保健省に引き渡しました。
このプロジェクトは、日本政府の資金援助を受けて国連人口基金(UNFPA)によって実施されました。 これらのトラックは 38 万米ドル相当で、特にウファ、中部および南部の州において、医療へのアクセスを強化する上で重要な一歩となります。

「Health on Wheel」は、特に災害や緊急事態の際に危険にさらされている女性や女児に、不可欠な妊産婦、新生児、婦人科サービスを提供することを目的とした先駆的な移動医療ユニットです。 さらに、車両はサービスを提供するために必要な施設が利用できない地理的に離れた場所に配備されます。 これらのユニットは、太陽光発電の全地形万能車と完全装備の医療キャビンで構成されており、アクセスが難しい地域でも中断のないサービス提供を保証します。

Health on Wheel イニシアチブは、女性、若者、障害者を対象とした、妊産婦の健康、家族計画、女性福祉サービスなど、質の高い性と生殖に関する健康と権利 (SRHR) サービスへの継続的なアクセスを確保することを目的としています。

これらのトラックの配備により、女性、若者、障害のある人々が、命を救う性と生殖に関する保健サービスをより良く利用できるようになることが期待されています。 さらに、これらの移動診療所は、健康文化の促進と孤立した地域社会への重要な医療の提供にも貢献します。 保健省は、必要とする人々に包括的な医療サービスを確実に提供できるよう、各車両に専門の医療従事者のチームを確実に配置する予定です。

特徴:

  • 婦人科検査ベッド、胎児ドップラー、蘇生装置などの設備の整った医療キャビン
  • 自律走行可能な太陽光発電車両
  • 特別な支援が必要な方にも優しいデザイン
  • あらゆる気象条件に対応する格納式キャノピー
  • 衛生管理のためのオフィス家具とシャワー室
  • 常時電力供給用発電機
  • 浄水システム
  • 安全のための消火器

ヘルス・オン・ホイールズ・トラックの正式納入は、特に遠隔地で脆弱なコミュニティにおける医療へのアクセスを改善するという、スリランカ政府および日本の国民と協力したUNFPAスリランカの取り組みにおける大きなマイルストーンとなる。 この取り組みは、すべてのスリランカ人、特に女性、少女、若者の健康と福祉を支援するというUNFPAスリランカと日本政府の取り組みを強調するものです。

「私は医療に関してアクセシビリティの力を強く信じています」と保健省長官のパリサ・マヒパラ博士は言います。私たちは、質の高い性と生殖に関する医療サービスを備えた医療トラックを動員することで、医療とそれを最も必要とする人々の間の橋渡しを行っています。これは、妊産婦の健康、家族計画、女性の健康サービスなどの不可欠なサービスへの途切れのないアクセスを確保するという当社の取り組みを表しています。私たちは、専任の医療チームとともに、地域社会に包括的なケアを提供するだけでなく、ヘルスリテラシーを向上させ、命を救います。

水越英明日本大使は、「日本は女性、平和、安全保障のパートナー国としてスリランカの女性を積極的に支援している。このプロジェクトはスリランカの農村部の女性に提供される医療サービスの質を向上させることに尽力している」と述べた。全国各地でスリランカの女性と少女を支援しています。」

「UNFPAは、『Health on Wheel』イニシアティブの立ち上げにおけるスリランカと日本政府との協力の成果を目の当たりにすることができてうれしく思っています。」とUNFPAスリランカ代表のクンレ・アデニは述べています。これらのユニットは単なる移動手段ではなく、インフラが不足し、地理的な障壁によって医療施設へのアクセスが妨げられている地域では、これらの移動ユニットは不可欠なものとなっています。必要不可欠な母子サービス、新生児サービス、婦人科サービスは、遠隔地や貧困地域であっても途切れることなく提供されるだけでなく、孤立とアクセスの間のギャップを埋め、健康と福祉の探求において女性や少女が置き去りにされることがないようにします。

READ  穏やかな洗濯、性差別、そして日本のファーストフードへの誘惑の試み