Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本、オスプレイ墜落事故を受け米軍に運航停止を要請

日本、オスプレイ墜落事故を受け米軍に運航停止を要請

2023年11月30日、鹿児島県屋久島沖に米軍のV-22オスプレイ軍用機が墜落した現場で捜索救助活動を行う日本の海上保安庁の船とヘリコプター(共同通信が撮影した写真)。 ロイター経由の強制信用共同 ライセンス権の取得

[東京(ロイター)] – 水曜日に西日本で海に墜落し、同国で初めて死亡事故となった米軍機のV-22オスプレイ墜落事故を受け、日本は米国に対し、自国の領土上空での非緊急飛行すべてのV-22オスプレイの飛行を停止するよう要請したと発表した。 5年以内に。

米空軍によると、通常の訓練任務中に発生し、少なくとも1人が死亡した事故の原因は現時点では不明だという。 残りの乗組員7人の捜索と救助活動が続けられている。

木原実氏は国会で「このような事故が発生すれば、地域住民に多大なご心配をおかけすることになる。(中略)日本に配備されているオスプレイの飛行については、安全を確保した上で飛行を行うよう米側に要請する」と述べた。 木曜日。

別の防衛省当局者は、オスプレイも運用している自衛隊は、事故の状況が解明されるまで輸送機の飛行を停止すると述べた。

在日米軍報道官はコメント要請に応じていない。

ラーム・エマニュエル駐日米国大使は、「我々は現在進行中の捜索救助活動に焦点を当てており、安全な帰還を祈っている」とXへの投稿で述べた。

メディアの報道によると、晴天と微風の中、緊急着陸するため空港に接近した際、同機の左エンジンが燃えているように見えたと目撃者が話したという。

ボーイング(BA.N)とベル・ヘリコプターが開発したV-22ハイブリッド航空機は、ヘリコプターのように離着陸でき、固定翼機のように飛行することができ、米空軍、海兵隊、海軍で運用されている。 シリア民主軍。

同機の日本への配備は物議を醸しており、南西諸島での米軍駐留を批判する人々は事故が起きやすいと述べている。 米国と日本は安全だと主張している。

日本は海外において米国の軍事力が最大に集中しており、前方展開する米国空母打撃群、アジア空輸センター、戦闘機飛行隊、および米国海兵遠征軍が本拠地を置いている。

8月にはオーストラリア北部の沖合で米オスプレイが定例軍事演習中に兵員輸送中に墜落し、米海兵隊員3人が死亡した。

2016年12月にも別の飛行機が沖縄南部の島沖で海に落下し、このような事故は日本で初めて発生し、米軍は同機を一時的に停止させた。

防衛省によると、日本で最後に起きた米軍機の死亡事故は2018年で、訓練中の空中衝突で6人が死亡した。

(キム・チャンラン、小宮貫太郎、ティム・ケリーによる報告 – アラビア報のためにモハメッドが作成) 執筆:ジョン・ゲディ。 編集:キム・コグヒルとジェリー・ドイル

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

ライセンス権の取得、新しいタブが開きます

勘太郎は、日本の経済指標から北朝鮮のミサイル、人工知能企業の世界的な規制まで、あらゆることについて書いています。 彼のこれまでの記事は、AP通信、ブルームバーグ、ジャパンタイムズ、その他のメディアに掲載されています。 勘太郎氏は東京出身で、米国のデポー大学を卒業し、外国記者クラブ財団の2020年度奨学生賞を受賞した。

READ  グルジア政府は、ロシア式の「外国代理人」法を廃止した後、数十人の抗議者を解放した