Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本、オーストラリア、米国が中国の影響力に対抗するためミクロネシアの海底ケーブルに資金提供

日本、オーストラリア、米国が中国の影響力に対抗するためミクロネシアの海底ケーブルに資金提供

文:山口真理

日本は火曜日、インド太平洋地域のネットワークを改善するためにミクロネシア東部の島嶼国を接続する9,500万ドルの海底ケーブルプロジェクトに署名することで米国とオーストラリアに加わったと発表した。 中国はますます影響力を拡大している。

日本の外務省によると、全長2,250キロメートル(1,400マイル)の海底ケーブルは、ミクロネシア連邦のコスラエ州、キリバスのタラワ、ナウルとケーブルの着地点であるミクロネシアのポンペイを結ぶ予定である。

日本、米国、オーストラリアが強化 太平洋諸島との協力、 どうやら、この地域における安全保障と経済的影響力を拡大しようとする中国政府の取り組みに対抗するためのようだ。

共同声明の中で、両当事者は次の段階として、庭のホースほどの幅のケーブルの最終調査、設計、製造が含まれると述べた。 完成は2025年頃の予定。

この発表は、日本、米国、オーストラリア、インドを含む安全保障同盟「カルテット」の指導者らが、通信インフラの重要なコンポーネントおよびインターネット接続の基盤としての海底ケーブルの重要性を強調してからわずか2週間余りで行われた。

米国国務省東アジア太平洋局の高官マシュー・マレー氏は声明で、「安全で回復力のあるデジタル通信がかつてないほど重要になっている」と述べた。 「米国は、私たちの地域をより緊密にするこのプロジェクトに参加できることを嬉しく思っています。」

競争入札の末に契約を獲得したNECは、このケーブルが地域の住民、企業、政府に高速、高品質、より安全な通信を保証するとともに、デジタル接続の改善と経済発展に貢献すると述べた。

外務省国際協力室長の遠藤和也氏によると、このケーブルは太平洋3カ国の10万人以上を繋ぐことになるという。

READ  カニエ・ウェスト、インサイダーがヒトラーの「マニア」だと主張する 50 セントについて冗談を言う