Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本、シンドゥリ州に新たな保健センターを設立するため無償資金協力を実施

日本、シンドゥリ州に新たな保健センターを設立するため無償資金協力を実施

カトマンズ、2 月 21 日

日本政府はシンドゥリの新しい保健センターの建設に無償資金協力を提供する予定である。

本日、カトマンズの日本大使館で調印式が行われ、菊田裕駐ネパール日本国大使は、ネパール・シンドゥリ州サハカリヤ州のセラマラ・タマン大統領と奨学金契約に署名しました。

在カトマンズの日本大使館が発行したプレスリリースによると、このプロジェクトは日本政府の人民安全保障無償資金協力(GGP)の下で資金提供されており、その中には73,747米ドル(約970万ネパールルピー)の助成金が含まれている。

このプロジェクトは、ゴランゴール地方自治体の第 1 区にある保健センターの再建を支援します。 現在の保健センターは、ゴランゴール地方自治体の第 1 病棟に不可欠な医療施設であり、約 40 年前に建設されました。 検査・治療室は1部屋のみです。 また、老朽化により地震時には倒壊の危険性が高く、医療施設としては不適切な環境となっている。 GGP プログラムの枠組みの中で再建される新しい保健センターは、これらの状況を改善し、近隣地域に適切な医療サービスを提供します。 このプロジェクトは、ゴラングール農村自治体とシンドゥリ州サハカリヤ・ネパールによって管理され、この地域の住民の生活改善に取り組んでいます。 大使館は、ゴランゴール地方自治体は必要な医療機器、医師、看護師、その他の人員と経費の提供に尽力したと述べた。

「日本大使館は、このプロジェクトが農村部の医療環境を改善し、地域の健康を増進するものと信じています。また、この支援が日本とネパールの人々の間の友好関係を次世代に向けて強化することを願っています。」

GGP は、コミュニティの社会経済的発展のために草の根レベルで人々に直接利益をもたらすプロジェクトを実施するために設立されました。 1991年以来、ネパールでは200以上のGGPプロジェクトが完了したと大使館は付け加えた。

READ  東京オリンピック:ニュースとライブ結果