Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本、スライスパン10万袋をリコール 2袋にネズミが入っていたことが判明

日本、スライスパン10万袋をリコール 2袋にネズミが入っていたことが判明

製造業者が2つのパンの中にクマネズミの死骸が見つかったことを明らかにした後、日本では10万個以上のスライスパンがリコールされた。

パスコ敷島は水曜日、スライスパン2袋にネズミの死骸がどのように入ったかを調査していると発表した。

日本は衛生基準が高いことで知られています。

同社によると、スライスした白い爽熟パンを食べて体調を崩した人はまだ見つかっていないという。

同社は声明で「顧客や顧客に多大なご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます」と述べた。

パンを製造していた東京の工場は現在操業を停止している。 調査命令が出されたという。

同社は「品質管理体制を強化し、再発防止に努める」としている。

日本では食べ物のことを思い浮かべることはほとんどありません。 しかし、コンビニチェーンのセブンイレブンは昨年、おにぎりにゴキブリが入っていたことが発覚し、謝罪とリコールを発表した。

日本では、最近の健康不安は、コレステロールを下げるように設計された小林製薬食品をリコールする食品を中心に展開した。 同社は、紅麹を含むこれらの製品に関連した死亡例5件を調査中であることを明らかにした。

READ  取引終了時点で日本の株価は上昇。 Investing.com経由で日経225は0.66%上昇