Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本、フィリピン、人道支援と災害に関する最初の「ゴーゴー」トレーニングを終了-マニラ速報

航空自衛隊(JASDF)とフィリピン空軍(PAF)は木曜日、パンパンガ州のクラーク空軍基地での人道支援と災害救援(HA / DR)における最初の二国間空対空演習を終了しました。隣接する2カ国間の協力防衛のマイルストーン。

パンパンガ州のクラーク空軍基地での人道支援と災害救援の最初の空中演習中の航空自衛隊(JASDF)とフィリピン空軍(PAF)の職員。 (日本大使館)

声明のなかで、マニラの日本大使館は、両国が自然災害に見舞われやすいことを念頭に置いて、救援物資を最も必要とする人々への救援物資の配達に関する航空自衛隊の専門知識と知識をパキスタン空軍と共有できることを誇りに思います。それらの気候と地形による地震とサイクロンとして。

4日間の演習中に、航空自衛隊は航空支援司令部の訓練ユニットを配備しました。これは、C-130H貨物機1機とその要員であり、訓練コースに参加しました。

このトレーニングは、深刻な緊急時に孤立した地域の影響を受けた人々に救援物資を届ける際の相互運用性を強化することを目的としています。

フィリピンの健康プロトコルに準拠して、ユニットは展開時にすべてのCOVID-19健康と安全のガイドラインと検疫規則を厳密に順守しました。

先週の日曜日にホロで致命的なPAFC-130が墜落した後、2つの空軍間の飛行中の訓練はキャンセルされ、活動は積み降ろし訓練などの地上訓練に焦点を合わせ、航空自衛隊C-130航空機を使用して緊急手順をシミュレートしました。

航空自衛隊のマサキ・ミズノ少佐は、パキスタン空軍とパイロットの二国間演習への協力を称えながら、ソロでの悲劇的な事件に同情を表明した。

「ソロでの飛行機墜落事故に深く悲しんでいます。悲劇的な事故で行方不明になったすべての人々に心からお悔やみを申し上げます」と水野氏は述べ、航空自衛隊はフィリピンを訪問し、パキスタン空軍がHA / DRで最初の空対空演習を行いました。

日本とフィリピンの二国間関係樹立65周年のエンブレム。 (日本大使館)

この演習は、今年、日本とフィリピンの二国間関係が樹立されてから65周年を迎える時期です。

「フィリピンの戦略的パートナーであり友人である私たちは、二国間訓練が私たちの空軍間の協力をさらに強化することに大きく貢献していることに非常に満足しています」と彼は言いました。

さらに、日本は、法の支配、民主的価値、領土保全、透明性、紛争解決に基づく自由で開かれたインド太平洋(FOIP)を維持することの重要性を強調し、フィリピンおよびその他のパートナー国は、私たちの地域およびそれ以降の平和、安定、繁栄のための幅広い活動と協力を通じて。

航空自衛隊は、2013年に台風ハイエン/ヨランダが破壊された後、フィリピンへの支援に関与していました。

日本国防省と自衛隊は、被災地に医療支援と救援物資のためのC-130H貨物機7機を含む合計1,180人の人員、3隻の船、16機の航空機を配備した。



毎日のニュースレターを購読する

登録するにはここをクリックしてください

READ  NASAのジュノー探査機が木星の衛星ガニメデ近くを飛んだ: NPR